人類の起源はボツワナ! という研究に対し、わりと容赦ないツッコミが入る

元記事の時点ですでにツッコミ入ってて、うん…ってなったんだよね。

人類の起源はボツワナ北部か、DNA分析で特定=研究チーム
https://www.bbc.com/japanese/50231066

"今回の研究には関わっていない英ロンドン自然史博物館のクリス・ストリンガー教授は、現生人類「ホモ・サピエンス」の進化は複雑で、「現代のミトコンドリアの分布をもとに現生人類の起源の場所を1カ所に絞ることはできない」と、BBCニュースの取材で述べた。

「この研究はデータに溺れていると思う。ゲノムのごく一部しか用いておらず、我々の起源の全体像を示すことはできないので」"


bo2.PNG

うん…。まぁ…。



さて、この研究は現生人類のミトコンドリアDNAのうち最も古いタイプが、アフリカのどこで発生したかを調べようとしているものだ。

ミトコンドリアDNAはヒトの細胞の中にいるミトコンドリアが持っているDNAで、変異率がとても高い。なので個人差や地域差がとても分かりやすく出る。ちょっとずつ差分が蓄積されていくわけなので、差分を見ていくと変化した順番がわかるのだ。その結果がこのツリーだ。

mdna.png

見てのとおり最も古いタイプはL0で、L1~L3まではアフリカにしか存在しない。L3の一部がアフリカを出て他のタイプに変化した。ちなみに日本人はNタイプから派生したグループに属している。Nタイプはヨーロッパからアジアまで広く分布しているが、Mタイプはアジアにしか存在しないため、人間がアジアに移住してきてから発生した変異なのだと考えられている。また、最も古いLタイプがアフリカにしか存在しないことは、人類の発祥の地がアフリカである根拠の一つとなっている。

で、今回の話は、そのLタイプの発祥の地がどこだったのか…という話。

----------
人類の進化の過程

約40万年前:ネアンデルタール人(現生人類の祖先と分岐したとみられる)、ヨーロッパからアジアにかけて出現
約30万年前~約20万年前:ホモサピエンス(現生人類)、アフリカに出現 ★
約5万年前~4万年前:現生人類がヨーロッパに到達
----------

ホモ・サピエンスは★をつけたあたりの時代に出現する。この時に何所にいたのかが争点なのだが…。

bo.png
https://www.sciencemag.org/news/2019/10/experts-question-study-claiming-pinpoint-birthplace-all-humans

今回の研究の問題点は、現代のアフリカに生きる人々のミトコンドリアDNAを収集し、現代のアフリカ人の中で最も古いタイプのミトコンドリアDNAを持ってるのはどこの人なのか、を調べたところにある。

現代のアフリカ人の中では、コイサン族が持っているL0タイプが最も古いため、人類発祥の地はコイサン族の住む南アフリカのどこかだとしているのだ。そして、南アフリカでかつて人類が暮らしていたというのに適した場所を洗い出している。


しかし、ミトコンドリアDNAは変異率が高いため、30-20万年前のホモ・サピエンス発生時点でL0が存在したかどうかは分からない。今残っている最も新しいものがL0だというだけかもしれない。さらにL0が30万年前に存在したとしても、ミトコンドリアDNAは母系でしか遺伝せず、父方の情報は消えてしまうため、L0以外のタイプが存在したのかどうかも分からない。

ちなみに良く知られている「ミトコンドリア・イブ」という存在は、イブが人類の起源なのではなく、「現在辿れるミトコンドリア情報の最も古い始発点」にすぎない。イブと同時に、現代にミトコンドリア情報を残せなかった多数の母たちがいる。(たとえば、子供が全員男の子だった女性AさんのミトコンドリアDNAは、孫たちの誰にも伝わらない)

また、コイサン族は現在はカラハリ砂漠のあたりに住んでいるが、そのご先祖は一体いつからそこに住んでいただろうか。彼らが30~20万年も同じ場所に居続けたと考えるのはさすがに無理がある。気候は大きく変動してるし、アフリカの他の人間集団は直近の寸千年の間ですらあちこち流動的に移動している。にも拘わらず特定の人間集団だけが十万年単位で動かないというのは根拠がないというか、そもそも前提からして考慮漏れだと思う。

ホモ・サピエンスが誕生した頃のアフリカの気候を再現する試みは面白そうだが、人類の故郷などというファンタジー風味の概念は入れないほうが良かったかと。


ちなみに、ミトコンドリアDNAにしろ核DNAにしろ、途中で途切れた系統の情報は当然ながら現代には残らない。たとえば、かつてアフリカに存在した別系統の集団が5万年前に絶滅していて、母系の子孫が一人も現代に生き残っていないなら、その集団のミトコンドリアDNAはどこからも検出されない。

いま生きている人の情報だけで過去を再構築する時は、そうした抜け漏れの可能性も考慮したほうがいいと思う。