「オールドマスターの黄色」は古代エジプトの時代から。壁画に使われた色彩研究の新事実

紀元前6世紀のアプリエス1世の宮殿の壁画の破片から色を採取してて、今まで知られていなかった顔料を発見した、という記事が出ていた。 発見されたのはlead-antimonate yellow(アンチモンイエロー) とlead-tin yellow(鉛錫黄)。今まで中世西洋の絵画から使われ出したと思われていた色だそうで、調べてみると前者は…

続きを読むread more