マヤ文明の要塞発見~ライダー技術で見つかったマヤ遺跡が語る歴史とは。

かつてマヤ文明のイメージは、比較的平和なものだった。大規模な戦争はなく、戦いは王や貴族のみで小規模に行われるスポーツ的なものだったはず…と言われていたのだが、ここ最近になって急速に、「実は大規模な戦争もやってた」という方向に変わりつつある。
その証拠となる戦争の遺跡、要塞や見張り塔などについて、ナショジオチャンネルの番組でやってたので観てみた。

発掘!マヤの失われた秘宝
https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2649

0_003.jpg

番組タイトルの「秘宝」は金銀財宝という意味ではなく、密林の中に隠された歴史の真実だ。
ちなみに、この番組の中で使われている「ライダー技術」とは、一般的には自動運転の鍵となる技術として知られている。

自動運転で必須のセンサーとなるLiDAR(ライダー)を知ろう
https://ascii.jp/elem/000/001/840/1840050/

"運転支援ではなく、その先の自動運転を実現するために必須と見なされているセンサーがLiDAR(ライダー)だ。「Light Detection And Ranging」の略で、ライダー以外にも「レーザー」や「赤外線レーザースキャナー」とも呼ばれる。"

"自動運転技術の開発車の屋根の上でクルクルと回転しているセンサーがLiDARそのものだ。原理はシンプルで、強い光(レーザー)を小さな点で周囲に投げかけ、返ってくるまでの時間を計測して、その先にあるモノまでの距離を割り出す。最近のLiDARであれば1分間に100万以上の光のポイントを計測できるという。光の点を数多くすれは、モノの形が浮き上がってくるようにわかるわけだ。

 このLiDARを使うことで、クルマの周囲にあるものを立体的に把握することが可能となる。自車の周りを走るクルマや歩行者、ガードレールや壁などもわかるため、自動運転を実現ために非常に有効なセンサーとして位置付けられている。"


で、これを考古学に応用するとこうなる。

マヤの巨大古代都市を発掘したレイダーは考古学を変革するか
https://jp.techcrunch.com/2018/09/30/2018-09-27-how-aerial-lidar-illuminated-a-mayan-megalopolis/

rider.PNG

ドローンではなく飛行機を使って広範囲に上空からデータを取得、そのデータから森林に隠れている地形を洗い出している。
かつてマヤ文明の栄えた地域は熱帯雨林に覆われていて、衛星画像では森しか見えないのだが、ライダー技術を使えば木々の下の地形が見えるので、隠れた遺跡を発見できる。そして実際に、「6万1000個の構造物」が見つかっているのだ。とんでもない量である。

これは全く未知の遺跡だけではなく、今までよく知られていた遺跡の周囲に埋もれていた集落跡なども含む。それにより、見えている遺跡が広大な都市の中心部にすぎなかったことが分かったりして、既知の情報が書き換えられようとしている。

今回の番組では、見つかった中に防御壁や見張り塔があったことが紹介されていた。
集落から少し離れた場所で森の中に埋もれていたため、今まで気付かれていなかったものだ。

0_005.jpg

0_012.jpg

実際にそこへ行ってみると、目の前にはそびえたつ壁。

0_030.jpg

近くからは槍の先も見つかっている。

0_019.jpg

こうした構造物が他にもいくつか紹介され、近くの都市の衰退時期を境に同時に別の都市が栄えるなど、戦争の勝敗が都市の運命を左右していた可能性も見え始めている。

マヤの歴史も長いが、今回紹介された中には紀元後350-600年の城壁があったから、その遺跡については最盛期と言われる古典期マヤにあたる。だからマヤ文明の衰退していた時期に戦争が起きていたわけではなく、最盛期でも戦争はやっていた。実はマヤ文明は歴史を通して戦争だらけだったのかもしれない。それも、これから明らかになっていくだろう。


画像



中米には馬やロバといった乗れる動物はおらず、投石器のような大型の兵器を動かせるスペースは森の中にはない。そのため戦法としては人間が生身で戦う肉弾戦しかなく、ことによっては守る側はゲリラ戦だったと思う。城壁を作っていたなら堀もセットだろうし、守る側であれば固定式の投石器や罠もしかけられる。なんとなく、条件的には守備側が有利そうだ。ただ攻める側ももしかしたら森ごと燃やす焼き討ちを使ったかもしれないし、人数差があった場合は防御壁は役に立たないだろう。

見慣れた防御施設が出て来たことで、かつて儀式的な戦争とイニケエでしか語られなかったマヤの戦争が一気に他の文明地域に近くなった感じがする。これらの新発見の遺構の調査が進めば、マヤの本はかなり書き換わるのだろう。これからが楽しみだ。



+++++++
おまけ

ジャングルの中も、やっぱりTOYOTA。
砂漠の発掘にも、ジャングルの発掘にもオススメTOYOTA。考古学者の相棒…

0_033.jpg

+++++++
ライダー技術を使った発見についての他の番組

BSプレミアム「知られざる古代文明」マヤ編
https://55096962.at.webry.info/201612/article_21.html

ライダー技術で見る知られざるマヤの世界。新発見が一杯だ!
https://55096962.at.webry.info/201803/article_1.html