ペルー南部にある謎の「サークル」状の地上絵について

そういやこんなのもあったんだっけ…ということで、今更のようにメモしておく。

Sihuas Valley の地上絵。ペルー南部にある。
地理的にはナスカ地方に近いが、ナスカではない。なおgoogle mapでSihuas Valleyを検索すると、ペルー北部にある別の場所がヒットしてしまうので注意。

https://www.livescience.com/63931-photos-circular-geoglyphs-peru.html

画像


画像


なんだこのミステリーサークルみたいな地上絵。ってなると思う。
実はこのサークル状の地上絵は古代の交易路に沿って並んでいる。円形になっている場所は、街道沿いに造られた簡易的な祭壇や信仰に関する何かだった可能性があるのだという。

また、単純な円ではない、模様のような地上絵も見つかっている。
資格を組み合わせて作った階段状の模様は、のちのインカ時代にも多様されるものだ。

画像


地上絵というとナスカばかり注目されているけど、最近ではナスカ近辺でも沢山見つかっているし、この地上絵のように少し離れたところでも出て来ているので、地上絵を描く文化はナスカだけに特有のものではなく、以前思われていたより広い範囲で広がっていたのだと思う。そして、ナスカのものだけが特別なわけでもない。

最近はドローンで簡単に空中から撮影できるので、地上絵の発見ペースが上がっていると聞いたことがある。きっとまだまだ知られていない、隠れた地上絵はどこかにあるのだと思う。

ナスカに限らない、これら全ての「地上絵」を包括した研究をしたらきっと面白いと思うぞ。



*****

この地上絵に関する論文とか

Ancient pathways and geoglyphs in the Sihuas Valley of southern Peru
https://www.cambridge.org/core/journals/antiquity/article/ancient-pathways-and-geoglyphs-in-the-sihuas-valley-of-southern-peru/1124A6405DB731721F865A9E34B6D6CF

ナスカ以外の地上絵とか

ナスカの近くで、ナスカじゃない地上絵が発見される…これは何と呼べばいいの?
https://55096962.at.webry.info/201804/article_21.html