サッカラでスカラベのミイラ(大量)発見 & なぜかコガネムシになっている記事

サッカラで、猫と人間の棺が見つかり、同時にスカラベ(フンコロガシ、古代エジプトでは聖なる虫とされた)のミイラも大量に出てきたらしいのです。

猫のミイラが数十体、珍しいスカラベのミイラも エジプトで発掘
https://www.cnn.co.jp/fringe/35128459.html

猫のミイラはまぁ何十万体のレベルで見つかってるんですが、スカラベのミイラで中身入りのやつってあんまり見つからないんですよね。理由はお察しのとおり長年の間に砂に戻ってしまうので…。

でスカラベのミイラについて詳細な写真はこんな感じで。




画像


…さすがにこれほど大量にあると、虫に抵抗のない自分でも「うわぁ…」ってなる。
これを番号振ってクリーニングして管理するのか考古学者も大変だな…。

他、見つかったものの詳細な写真はこちらの記事などが詳しいです。スカラベ・ミイラのいい感じの写真もあったり。

Egypt cat mummies discovered in ancient tombs
https://www.bbc.com/news/world-middle-east-46167334

古王国時代~中王国時代あたりのものらしいですがとてもよく残ってます。これだけの数を集めるのも大変そうだし、おそらく多くの日本人からすると「墓にフンコロガシとか理解できんわ」って言われそうですが、太陽信仰の盛んだった時代なので、太陽(フン)を転がす聖なる虫=スカラベを墓に持ち込むことに当時は重要な宗教上の意味があったんだと思います。後世の異国の人から見たら日本の「熨斗」だって「なんでご祝儀にアワビの干物(熨斗)なんてつけてんだよ」とかなると思います。

画像



で、この記事はふーんという感じなんですが、なぜか一部の記事でスカラベの部分が「コガネムシ」になっている。


猫やコガネムシのミイラ発掘=エジプト
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111100187&g=int

ま た お 前 か 時 事 通 信

コガネムシはBeetleだろ?! 原文にScarabって書いてあるだろ!!
もしかしてフランス語→英語→日本語って機械翻訳でもしたんだろうか。なぜこう頻繁に、なんかよくわかんない訳し方をしてくるのか、そのプロセスが分からない…。


参考までに、クワイ(Indian potato)がジャガイモ(potato)と訳されてしまって全く違う意味になってしまった案件がこちら。ちょっとした単語の選択だけど、結構大事なところだと思うのですよ…。


【誤報シリーズ】カナダで3800年前のジャガイモ発見!→これジャガイモじゃなくてクワイです…。
https://55096962.at.webry.info/201612/article_26.html