現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS アサシンクリード・オデッセイ これから始める人に大事なことを伝えるぞ。

<<   作成日時 : 2018/10/27 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アサシンクリード・シリーズの最新作、古代ギリシャに行ける「オデッセイ」。
スパルタ生まれの傭兵としてペロポネソス戦争の時代を駆け抜けるゲームである。

画像


今度は古代ギリシャで暗殺だ! アサシンクリード・オデッセイ潜入レポ
https://55096962.at.webry.info/201810/article_16.html

アサシン クリード オデッセイ 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ユービーアイソフト株式会社
2018-10-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


前作の古代エジプト編「オリジンズ」の出来が良かったこともあり、今回の古代ギリシャ編をプレイしてみようと思う一般人もいるかと思うのだが、この作品をプレイするにあたり、非常に重要なポイントが幾つかあるので書いておこうと思う。


まず、現時点で中の人は50時間ほどプレイして終盤戦にさしかかっている。

初期に出ているレビューと真逆のことを言っているかもしれないが、それらのレビューはプレイ時間がそれほど長くない時点での評価の可能性がある。これを念頭に置いてもらいたい。


まず一番大事なポイント。

初見プレイのノーヒントでは、ベストエンドに辿り着くのが難しい。

なので攻略サイトを見てプレイすることをお勧めする。


選択肢がシビアすぎるうえに、どの選択肢がよいかのヒントがプレイ中に存在しないのだ。そして、超初期の選択肢の分岐によってエンディング条件が固定される。

一周目プレイは自由にやって、二周目プレイは自由にやりたい、という人もいるだろうが、一周するのに最短で50時間かかる上にバッドエンドルートに入った場合の精神ダメージは結構大きいと予想される。単的に言うと、自分が最も救いたかった人々が軒並みひどい目に遭う。

なお、殺していない人物を「殺した」と答えた場合も殺した判定になってしまいバッドエンドになるらしい。
イベント中の選択肢を一つも間違えてはいけないシビアすぎるゲームである。

ちなみに私は故郷の人々を全滅させたうえにヒポクラテスの患者を助けられず、さらに「商人」のイベント失敗してて乙りました……。

無 理 だ ろ こ ん な ん

 ※これだけ失敗しても一応はそれっぽいEDイベントにたどり着くのだが、途中でかなり精神的にひどい目に遭わされる。端的に言うといろんな人に失敗したことを責められる。そんなこと言われても…。。
 



次のポイント。

このゲームはオープンワールドではない。

世界が広い上にどこにでもいけそうに見えるが、実際は一本道のお使い&お使い&お使いシナリオ。2レベル違うだけでもう敵と戦えなくなる上に、イベントで入る経験値が現在のLvにあわせて上下する。つまりレベルの上がる速度がコントロールされている状態で、実質、訪問できるマップの順番も固定される。

こなすクスエトの順番が多少前後するくらいで、指定された順番でマップを解放していく一本道シナリオになっている。プレイに要する時間はとても長いが、ぶっちゃけお使いの移動時間の長さで延ばされてる部分が大きい。


三つ目。

サブクエストはうかつに請けてはいけない。


主人公は傭兵なので、NPCから仕事を依頼されてお金を稼いでいる。しかし依頼人の1/3くらいは依頼内容をウソついてるか、依頼してくる仕事の内容がとんでもなくクソである。従って、経験値とお金のために仕事をこなしているのだと心を殺してプレイしなければ、胸糞すぎるシナリオに病んでくると思う。

<例>

「家の財産がなくなったので探してきてほしい」と言われる。
依頼を受けて犯人を見つけてみると、その家の虐待されていた子供がお金を盗んで逃げようとしていた。
依頼人にその子供はもう要らないので殺せといわれる。
 →依頼どおり殺す →報酬確保、成功ルート
 →依頼を拒否して依頼人と戦う → 依頼人を殺した罪で賞金首になる、失敗ルート

「友達が掴まったので助け出して逃がしてほしい」と言われる
駐屯地に忍び込み、対象者を救い出して依頼人のところへ連れて行く
依頼人が、そいつは俺が直々に殺したかった相手だと言っていきなり戦闘モードになる
 →黙って見守る →助け出した対象者が目の前で殺害される、成功ルート
 →止めようとする →二人とも殺してしまう、失敗ルート

こういう感じ。人助けなどしないほうが手を汚さずに済む、っていう世界観。依頼を成功させても何らの爽快感がないし、誰かに感謝されることもほとんどない。病んで作ったんじゃないかこれ的なシナリオが延々続く。あまりにもキツいので、途中からサブクエストは放置するようになっていった。

仕事の依頼を請けてしまうと、別に悪人でもない誰かを殺さざるをえない状況が高確率で発生するため、依頼は、請ける前に事前に攻略サイトか先行でプレイしている人の情報を見ておくことをお勧めする。(請けてしまうと途中破棄が出来ない)



四つ目。

誰にも感情移入してはいけない。

NPCに愛着を持ってはいけない。家族でさえも。序盤に出てくる仲間たちにさえも。死ぬか、裏切るか、役にたたなくて途中でキレるか、ファードアウトするかしかない。せめてイカロスくらいは最後まで付き合ってくれる腹心の友だろうと信じるのであれば、アトランティス関連のクエストは進めてはいけない。

主人公の実の父親関連のイベントでイカロスの正体を知ってしまうと「えぇ…」ってなる。あの設定要らなかったよね…。

あとサブイベントは選択肢がやたらとシビアだが選択次第ではなんとか生かせることもあるのに、真に助けたいと思う大切な仲間だけはメインイベントで強制ムービー死である。歴史上の人物なら仕方がないが、オリキャラまでその扱い。解せぬ。



五つ目。

下ネタがとても多い。

いろんなNPCにセッ〇に誘われまくったり、下種な冗談を言われたりする。性的におおらかな古代ギリシャ世界を表現したつもりかもしれないが、はっきり言うと一線越えて不愉快な箇所が少なくない。R18ではあるものの、これオッサンでも受け入れるのはキツくねぇ? いまどき週刊誌でもねぇぞ? みたいなの結構ある。
お堅いプレイをしたい人には向かない。



以上の注意点を踏まえた上で、「別にこの程度の胸糞イベントは特に何とも思わない、ギリシャ悲劇ではよくあること」「初回プレイがぐだぐだになっても問題ない」という人はOK。そうじゃなくてちょっと古代世界を楽しんでみたいなくらいの気持ちなら、今後実装される戦闘の起きない「ディスカバリーツアー」モードでのプレイをお勧めしたい。

前作オリジンズは、切ないなりにそれなりによく纏まったシナリオで、主人公の成したことで救われた人たちも多く居たと思う。が、今作は、なんかもうそういう人情的な部分ばっさり切り捨てて世の中の辛くてキツい部分を無理やり集めて主人公に業を背負わせようとしてるとしか思えないシナリオになっている…。シーズンチケ一応買ったけどやる気が起きるかどうか分からない。

バグの多さ云々よりシナリオ面がキツい、という、なんというかだいぶ人を選ぶ作りになってます…。



画像


エジプトはあんなに楽しかったのに。
故郷壊滅しちゃったんだ・・・女主人公でやり直してくる・・・年末あたり・・・次は・・・あの人たちを殺してみんなを救うよ・・・(泣きながら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

アサシンクリード・オデッセイ これから始める人に大事なことを伝えるぞ。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる