現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ピラミッドカウントのズレ/いまだに138基の根拠が分からない。

<<   作成日時 : 2014/03/18 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まずはこちらを。


エジプトにピラミッドは幾つある?/ピラミッドリスト
http://www.moonover.jp/bekkan/mania/pira.htm

現在、エジプト国内で発見されているピラミッド(ピラミッドと確定されている遺構)は「118基」。
…ということに、うちのサイトではしている。

その根拠は、2008年に「最も最近見つかったピラミッド」としてシェシェティ王妃(Queen Sesheshet)の階段ピラミッドのニュースが流れたときに、「このピラミッドは118基めです」と発表されたこと。


New Pyramid Found in Egypt: 4,300-Year-Old Queen's Tomb(National Geographic)
http://news.nationalgeographic.com/news/2008/11/081111-new-pyramid-egypt.html

Sesheshet(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Sesheshet#cite_note-4

が、英語版Wikipediaほかいくつかのサイトでは「138基」としている。
差は20基。2008年当時から、その差がずーっと引っかかっていた。

Wikipediaが根拠としてあげているものの一つはマーク・レーナーの「The Complete Pyramids」の2008年改訂版で、これは2000年のものが日本語の「ピラミッド大百科」として出版されている。

図説 ピラミッド大百科
東洋書林
マーク レーナー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図説 ピラミッド大百科 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


(まぁお高いんですが、とっても楽しい一生ものの本なので、おこづかいに余裕のある方は是非。)

ただ、2000年版には特に138基という記述はない。
探してみたけど、見つけられたのはP15の「ヌビアには王のための約180基のピラミッドが造営されたが、その数はエジプトのピラミッドの二倍に及ぶ。」という記述だけで、この記述どおりなら、この本が出た時点でレーナー博士はエジプトのピラミッドを100基前後と推定していたことになる。136基もあると想定していたなら、その二倍は276になるわけで、こんな書き方はしないだろう。



で、もう一つが以下の新聞記事なんだけど、

In the Shadow of a Long Past, Patiently Awaiting the Future
http://www.nytimes.com/2008/11/17/world/middleeast/17cairo.html?pagewanted=2&_r=0

この記事を読むと、くだんの「シェシェティ王妃のピラミッドが138基めだ」と言っている。
なので、その時点でカウントがズレている。

当時ザヒ・ハワス博士は確かに「シェシェティ王妃のピラミッドは118基めとして見つかった」と言っていて、たとえばココ↓とか見ても、「118th」と書いている。ほかの記事もそう。

Pyramid Discovery May Offer Details on Pharaoh's Balding Mother
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=ad86jJoD_ZAQ&refer=muse


シェシェティ王妃のピラミッドを138基めと書いてるものは、むしろ少数派というか、2008年の時点ではリンクされている「In the Shadow of 〜」の記事くらいしか無かったように見える。なんでこんなズレが生じてしまったのかがよく分からん。レーナーの2008年版買って確認するのも考えたけどめんどくs 同じ本が二冊もあってもなぁ…というのがあり、今に至る。

なんすかねー、レーナー博士的には「俺はこれピラミッドだと思う」っていうのが20あって、ザヒ・ハワス博士的には「いや、俺はそんなの認めない。」みたいなのがあったとかなんですかね? 誰か知ってたら教えてplz。



というわけで、現段階では以下の可能性が考えられる。

(1) 「The Complete Pyramids」の最初の版が出た2000年から次の版の出る2008年までの間に、エジプトのピラミッドの数が+20された。ピラミッドの数が138だと書いた人はレーナー説に従っている。

(2) Wikipediaに記事を書いた人がなんか間違ってる。ピラミッドの数が138だと書いた人はみんなWikipediaの記事に引きずられて間違えた。

(3) 118基というのはザヒ・ハワス博士の発表にしたがったもので、逆に118のほうがザヒ説に過ぎない。私が見つけられていない138基の根拠が別に存在する。

・・・
・・・なんかレーナー博士の新しい本買って自分で確かめたほうがいいような気がしてきた。

でも英語読めなy



*****************

ちなみにもう一件、2011年に衛星写真からピラミッドを見つけた! と言ってたいそう話題になったサラ・パーカク博士の話。


エジプト・タニスで新たに17基のピラミッドを発見→ザヒ・ハワス博士「飛ばし記事書くなBBC」
http://55096962.at.webry.info/201105/article_35.html


BBCはたいそう派手に報道してましたが、その後のウワサをとんと聞かんのですよ。本人のウェブサイトも2011年で止まってるし。
衛星写真でそれっぽい遺構見つけただけじゃ話にならんと思うんよね…。掘って確認しないとさ…。

で彼女はエジプト専門の考古学者(いわゆる掘る人)ではないっぽいので、誰か発掘権のとれるエジプト学者が興味を持って確認しに行かない限り、この件がきちんと確認されることは無いのではないかという疑念が。エジプトが政治的に安定してエジプト隊自身が確認しに行くのが一番手っ取り早いと思うんですがね、いつになるやらのー。



*****************

まあそんなこんなありつつ、最後は メルティーキッス ピラミッド美味いよね って話に落ち着こうと思う。

画像


忙しいときでもコイツを添えれば笑顔で仕事を請け負う、毎度のことながらほんと安い女ですよ…フフ。

*****************

(2014/3/24修正)
メモのミスでBarry Kemp氏と Mark Lehner氏をごっちゃにしていました。つつしんでお詫び申し上げます。博士と呼ぶと返事してくれなかったBarry Kempさんも今では教授になったらしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ピラミッドカウントのズレ/いまだに138基の根拠が分からない。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる