奇抜な見た目のエジプト神様が予想外に人気になったので、他の神様も投下してみる

ワンフェスデビューで、あのお方が有象無象の群神の中から頭ひとつ抜けだして、メジャー入りしてしまいました(´・ω・`)

居並ぶ個性豊かな冥界の神様たちも、きっと「えええマジかよ! 姿見せないだけで人気者かよ!」「見た目に負けたっていうか目に見えないから負けてはいないが、むしろ勝ちようがない!」と、承服しかねる気持ちでございましょう。

というわけで、ここはひとつ愚民めが、他の見た目のすぐれたる神様もプッシュしてみたいと思います。



●スカラベ姿のアメン神 #死者の書165章(レプシウス79章)

スカラベになりきっているアメン神。
このお姿にツッコまずして何とする。

画像


画像



フンコロガシなスカラベは古代エジプト世界では再生と復活を意味する(太陽を転がしているように見えるかららしい…)ので、太陽神なアメン神は仮装により自らそれを体現してくれているのではないかとか何とか。

この格好をしないと毎日蘇って朝に地平線から出てくることも出来ないとか、太陽神って大変なお仕事なんだなーと思います。

ちなみにアメン神だと首だけヒツジになってるこういうお姿もあったりなかったり。
これも地味にシュールだと思う。

画像



●サ・タ #死者の書87章あたり

大地の蛇。「我は日毎に死して生まれ変わるものなり」と言っているのは、ヘビの脱皮のことを指していたのかも。おみ足の美しいヘビ神さま(笑

画像



●ネヘベカウ

http://www.moonover.jp/bekkan/god/nehebkau.htm

ビジュアル的に私のお気に入り神様。
ビジュアル的にちょっとインパクトは弱いかもしれないが、ヘビが直立しているあたりジワジワくる。


●セト=ホルス

ホルス=セト なのか セト=ホルス なのか、今も乙女なエジプト学者たちの間で意見が別れる論争の的な神様。(嘘です) ライバル神様同士が融合してしまった謎存在。ベジータとカカロットがフュージョンした超サイヤ人「ベジット」の起源は古代エジプトだと固く信じている。

画像


画像




探してみると、なんかこう、見た目インパクトある神様は多いんだけど「愛嬌がある」系のインパクトの神様は意外と少ないかも。そしてだいたいの神様が奇抜な格好なので、だんだん「シュールな」「インパクトのある」という基準がわからなくなっているという問題も。

とりあえずあれだ。

エジプト神様はみんな総じて素敵なお姿ですよ。(まとめ