現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶対に笑ってはいけない冥界会談 オシリス×ハデス

<<   作成日時 : 2013/01/21 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

オシリス「どうもこんにちは、エジプトの冥界神オシリスです。」
ハデス 「あっ… どうも。ギリシャのハデスです」
オシリス「ところでハデスさん」
ハデス 「?」
オシリス「顔色悪いですよね。」
ハデス 「いやあんたに言われたくねーよ」

画像


オシリス「ハデスさんって、いつも冥界で何してるんですか?」
ハデス 「まあ王様かなー」
オシリス「ああ、じゃあウチと同じですね。」
ハデス 「冥界暗いし陰気でほんとやってらんないんですよね」
オシリス「明かりを変えたらどうですか? 適当な太陽神とか余ってません?」
ハデス 「ちょうどいい光源がなかなかいないんですよねー。ヘリオスとか熱いし」
オシリス「あー熱が出るやつはちょっとねー…。」
ハデス 「地下だし熱こもりますもんねー…。」

ケルベロス「わんわんっ」

画像



ハデス 「おーどうしたケルベロス。この方はお客さんだよ」
オシリス「おや、ペットですか? 首が3つあるとは珍しい犬ですな」
ハデス 「はっはっは、なかなかかわいいやつでしょう。そちらは何か飼われてないのですか」
オシリス「放し飼いのはけっこういますけどねー。ああ、アメミットがいるかな? 犬っぽいし」
ハデス 「どんな感じなんですか」
オシリス「頭がワニで体がライオンで足がカバですね」

ハデス 「…それは犬じゃないと思う」

画像


オシリス「何かご趣味は?」
ハデス 「んー私は無趣味なんですよねえ…。嫁は園芸みたいですが」
オシリス「おお園芸ですかー。うちも妻がやってますね。麦とかパピルスとか」
ハデス 「…麦」
オシリス「? どうしました」
ハデス 「麦… いやあああああお義母さんんんん!!」
オシリス「!!!???」
ハデス 「ハア… ハア… い、いや失礼…。嫁の母親がほんと怖い人で…。怖い人で……麦を見るたびに思い出す…(ガクガクブルブル」
オシリス「あー、姑問題ですか、大変ですねー。うちは兄妹で結婚しちゃってるんで、義父母いなくて楽ですよ」
ハデス 「いいなー」

画像


ハデス 「ところで、ぶっちゃけ我々のこの仕事ってどう思います?」
オシリス「まあ楽っちゃ楽ですよ座ってるだけだし。」
ハデス 「名誉管理職みたいなもんじゃないですか。安定した職だけど仕事が単調っていうか」
オシリス「うちは、たまに太陽の船が座礁したりアポピス逃げ出したりして、そこそこのメリハリはありますけどね」
ハデス 「うちも、たまにヘルメスがお使いに来たり詩人が妻取り戻しに来たりして来客はあるんですけどね」
オシリス「まあ、死者の話聞くのもたまに面倒くさくなりますけどね…」
ハデス 「そうなんですよ、死人ってやっぱり陰気じゃないですか? もっとこう、生気あふれる希望に満ち溢れた死者とか、たまに来てくれてもいいと思う」
オシリス「そんな死者いややわwwwww」


オシリス「まあぶっちゃけ、今の仕事はじめたのって弟に殺されて何となくなんですけどね。」
ハデス 「うちは兄弟でのジャンケンに負けて…」
ハデス 「ていうかまあ、高いところ嫌いだし泳げないし、ここで良かったんですけどね」
オシリス「私はもし殺されてなかったら、別の職業もやってみたかったなあ」
ハデス 「というと?」
オシリス「新世界の神とか!」

ハデス 「どこだよ新世界」


オシリス「いやっ、ほらエジプトの国家神として世界征服とか」
ハデス 「それ失敗したら神威暴落フラグじゃないですか」
オシリス「まあそうなんですけど。ラーばっかりピラミッドとかオベリスクとか派手な記念碑もらっててズルい! 私だってカッコいい施設欲しい!」
ハデス 「オシレイオンがあるじゃないですか…」
オシリス「だって半地下でちょっと暗いんだもんあれ」
ハデス 「贅沢言うな! ロクに神殿立ててもらえなかった私に謝れ! あやまれええええ」

オシリス「すいませんでした」



…オチは 特にないよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

絶対に笑ってはいけない冥界会談 オシリス×ハデス 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる