【投票受付中】大航海時代Online 能登鯖流行語大賞 2012年【12/31まで】

(12/9 投票開始しました)

というわけで、今年もギリギリになっちゃったけどやるよー。
DOL能登鯖 流行語大賞!

年々インパクトある単語のエントリが減っている中、果たして今年を象徴する単語は生まれるのかっ。投票は年が変わるその瞬間まで。果たして今年は、どんな単語が選ばれるのか…。
大賞の発表は年明けです! 通りすがりの人も適当にポチっていってねっ。


★投票は下記リンクから★

http://research.news.livedoor.com/r/73071


★エントリー単語紹介★


・2nd hage

拡張アップデート「2nd Age」のaの前にフランスっぽく無音の「h」を挿入することにより生み出された、オサレかつユーモラスな誤表記である。「セカンド・ハゲ」と読めてしまい、あたかもプロデューサーズの片方の頭髪が薄いことを指しているかのように見えるかもしれないが、気のせいである。


・ガナる

2nd Ageで実装された敵、ガナドールと戦うこと。
ガナドール戦へ行くことを「ガナいく」、ガナドールと戦うことを「ガナる」、ガナドールの景品を「ガナ品」等、派生単語は様々。主に軍人の間で「朝マック」の如くカジュアルな使われ方をしている。


・れりくる

同じく2n Ageで実装された「レリックピース」を合成する行為のこと。
「レリックピースを合成する」→「レリクる」である。ちなみに合成までを指し、合成されたものを実際に発見しに行くことについては「れりくる」とは言われない。


・エイリアス詣で

2nd Ageで実装された「謎の占い師」ことエイリアスのもとをヒタスラ訪れる苦行。美人に会いに行くならいざしらず、ヒラメ顔のアレでは救われない。ちなみにハンブルグ奥地にあるフランクフルトの町の酒場に、季節を問わず露出度の高い服を着て立っている。


・強制占い師

上記エイリアスによる強制占い。プレイヤーに拒否権はない。
港に入ると突発的にイベントが発生し、終わった後は好き勝手に評価をくだされ言い返すことは許されないという儀式である。


・公邸占拠

歴史的事件の第一回目に発生した「皇帝選挙」の誤変換。大海戦→大海鮮 と同じくデフォルトでの変換がこれになっていたらしく、イベント開始当初はこの誤変換が多発していた。


・ナチュラルダサー

5月に開催された服飾イベント「抹茶娘ルネッサンス」の中で行われた、ナチュラルダサーコンテストで連呼された単語。「ナチュラルにダサい」の略。単にありあわせの服を着ただけでは、なかなかダサくなれない。意外と才能とセンスが必要な着こなしなのです。


・ボンソワール。紳士です

上記のナチュラルダサーコンテスト内で出場者が発した挨拶。
その衝撃的な格好に似つかわしくない紳士発言に会場は騒然となった。使える場面は限られるが、インパクト絶大な一言である。

参考画像


・バンザイアタック

要塞戦の中で行われる行為。初出は能登鯖史上初のポルヴェネ連盟が成立した4月。
要塞を砲撃してくる敵艦隊に向かって、バンザイしながら単騎もしくは少数の圧倒的に戦力が劣る艦隊で突撃を繰り返すという荒業。時間稼ぎをしているそのあいだに別の艦隊が要塞の防御を立て直す。特攻中は意外と楽しいという噂も…。


・ぷそ

別のネトゲ、PSO2のこと。「定期船だから裏でぷそってくる」「アプデまでぷそってる」等、航海がヒマになった時のエスケープ先としてプレイしている人が多い。DOLの流行語大賞なのになぜか別ゲーが入っているという末期的症状。でも確かにみんな連呼してたよね…。



以上の10単語が、候補となります。
「これだ!」と思う単語をポチットナして投票していってください。よろしくお願いします。


-------------

*過去の流行語大賞*

2011年の模様
http://55096962.at.webry.info/201112/article_1.html
http://55096962.at.webry.info/201201/article_1.html

2010年(未開催)
http://55096962.at.webry.info/201012/article_10.html

2009年
http://55096962.at.webry.info/201001/article_1.html
http://55096962.at.webry.info/201001/article_2.html

2008年
http://55096962.at.webry.info/200812/article_3.html
http://55096962.at.webry.info/200901/article_1.html

この記事へのコメント