コロッセオって人殺しショー見せるところでしょ? とか言いつつローマ特集を見る

見るもんはいっぱいあるんだけど見る時間がない。時間なさすぎてナレーションさえ遅いと感じるそんな日々。本なら自分のペースで読めるんだけどね…。

画像


というわけで今日見てみたのはNHKオンデマの特集「ローマ帝国」。
アルジェに残るローマ時代の遺跡「ティムガッド」をメインで扱っている番組。ヨーロッパに残るローマの都市遺跡は、その上に現代の都市が載っかってたりするので調査しづらかったり、原型とどめてなかったりするんだけど、ティムガッドは再利用されることなく忘れ去られていた都市なので保存状態がとてもよい。

画像


さすがNHK、映像はきれいなんである。
あまり紹介されることがなく、保存状態もよい遺跡とあってローマ好きな人とか喜びそうな感じではあったんだけど、そこはヒネた私のこと。ナレーションにいちいちツッコみどころ満載。

番組内で「アルジェは内戦のせいで入国が厳しく制限されていた。今回は特別に取材許可をもらってカメラが入った」などと誇らしげにナレーションされていて、アレ?? と思って外務省ホームページを調べてみたのだが…

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=91

地域拡大
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcmap.asp?id=91&infocode=2011T197&filetype=1&fileno=3

GoogleMapで見るとここ
http://sekaiisan-db.com/region/algeria.html#6


……

革命時のエジプトさんと危険度同じじゃね…?

番組が作られた時期にも依るんだろうけど、個人でも行けなくもないっぽいけど。そんな危険度強調する意味あったのかい。危険だとか言ってるわりに遺跡の管理がしっかりされてたのが違和感あるな。取材時の苦労なんかアピールされても知らんがな。

画像


「ほかの民族を尊重し、すべての民族を平等に扱う」ことがローマでは普通だった、とかいうナレーションは何かの間違いか、ギャグなのか。

おなじ番組のあとのほうで、ローマは階級社会でした、コロッセオも身分によって席が決まってました(キリッ とか言っちゃってるので、平等とか言われても意味不明。全般的に、この番組は何を言いたかったのかがよくわからなかった。

画像


いや、たぶん、ローマ帝国400年の繁栄の秘訣を語りたかったんだろうと思うんだけど。
敗因は、その400年間の歴史、ブリテン島からペルシャに至るまでの広大な版図を一つの帝国として語ろうとしたことにあると思う。

ローマは建国から末期までの間に大きく変容している。(それは大してローマ好きでもない私でもよく知っている)

番組内で語ろうとして中途はんぱに終わっていたカルタゴへの攻撃と、その後の融和政策への転換は、さらっと10分で流しちゃだめな内容だった。その変容部分を第一集、第二集とか分けないと、結局ローマってどういう性格の帝国だったん? ていうのがハッキリしないまま話が進んでしまう。


直接統治の場所と、遠方の植民地を同じにするのも賢いやり方とは思えない。

ローマは奴隷社会で、奴隷無くして成り立たない身分制度の厳しい世界だった。奴隷の生んだ子には市民権がないとか、嫡子は重要視されたけど婚外子の扱いは酷かったとか、相続に関しても非常に厳しかった。そこに平等なんて感覚はないし、征服者と被征服者の間の溝は埋めようもないよ。
逆にブリテン島みたいな遠方のほうが、ローマ人と現地人の関係は上手くいってた。

ブリテンや現在の北ドイツにあたる辺りのような、ローマの軍事力と後ろ盾をもとに繁栄した辺境の場合は、ローマが去った後に苦労するハメになった。ティムガッドのようなアフリカのローマ都市も、そうだったんだろうと思う。だけど、それはローマから遠い辺境での話であって、ローマに近い属州は相変わらず力で押さえつけられ続けてたわけだ。
と、いうわけで、ローマは、帝国本土から離れたところのほうが統治が安定したし、現地民に喜ばれてもいた。辺境と近場の話を同時に語ろうとするから、統治がうまくいってたはずのローマが何故かイタリアで起きた反乱でテンパった、という話になり、意味がわからなくなっている。


多分、色々取材して重要パーツを適切に拾い上げてきたにもかかわらず、そのパーツの組み合わせ方がマズかったので番組としての作りが残念なことになってしまったんではないだろうか。まず最初に番組で語りたいテーマを決めて、それに沿って必要なパーツだけを並べてみたほうが良かったんかもね。


あと、細かいところでは、ナレーションの「~と言われています」が多すぎて耳に障った。
私はこの表現があまり好きではない。「言われている」って誰に? ソースはどこから?

誰がどこで言ってるのかもわからんものを「ふーんそうなんだー」と素直に受け取れるわけもなし。ソースがはっきりしていて、専門家からの聞き取りでそう言われたのであれば、「~と考えられています(多くの専門家には)」と言うべき。じゃなきゃ、ソース不明の脳内捏造と同じだし。



全般的に、がんばってる感はしたけど、ティムガッドの映像部分を除けば残りはあまり面白いとは思えないつくりだった。

ちなみに私はコロッセオが嫌いである。だって人殺しを見てみんなでワーキャー騒いで楽しむ悪趣味な施設じゃん? 何が楽しいのかサッパリわかんね。そんなものが成功した都市文明の象徴とか、悪い冗談としか思えないよ。そりゃ、ローマ文明の末裔たるヨーロッパがギロチン処刑や魔女狩りで盛り上がるわけだわ。
純粋に人間の残虐な嗜好を満たすための人殺しよりは、マヤやアステカの宗教儀式も兼ねた競技ショーのほうが、まだ理解できる。

そのへんが私がローマあんまり好きになれない理由です…。

#まあどこの文明も残虐性はもってるんだが
#国策として民衆に人殺しショーを与えるというのが
#いまいち理解できん