本屋で物色してたら古代文明本の参考サイトに何故かウチのサイトがあった件。

お給料も入ったし、久しぶりに連休が連休なんで本屋に行くかヒャッホウ!
ってなわけで本屋に行き、いつものように考古学・歴史・神話棚をトローリングして、たまたま手にとった本。

謎解き古代文明
彩図社
2011-05-06
ASIOS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 謎解き古代文明 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


よくある、「超古代文明とかオーパーツとかを検証するよ!」な本であり、何番煎じかもう分からんくらいのネタが大半。
とはいえ「ネブラ・ディスク」とか割りと新しいめのネタも取り扱っており、まあ楽しめるのかなーと思いながらエジプトコーナーまで読み進め…。


アレ? なんかこの言い回し覚えがあるよ? と、微かな違和感を覚え参考文献・URLを見てみたら

画像


参考URLの中にウチのサイトがある

まさにソースは俺。
なるほど納得。
単語選定とか語尾とかクセあるから…伝染るんだよ…。

もちろん中の人は参考にされてるとかいう話は聞いてません、ていうか、おいらオーパーツはビリーバーでも懐疑派でもないしなあ。
参考URLの中で公的サイトやら非営利研究団体に交じる違和感半端ねえ…。


ちなみにリンクされていたのは↓ココでした。オーパーツコーナーやね。
セティ一世の葬祭殿(アビドス)にあるヘリコプターの絵


うちのページは、中の人が現地行って写真撮ってきて付け足したくらいで、解説とかはそのへんのエジプト本とか他の英語サイトから持ってきたものだし。リンクするにしても他にもっと適切なところはなかったのか、とツッコみたい。



ちなみに出版元はASIOSという趣味人で作る団体のようだ。
だがしかし…ソレでメシくってる団体が趣味の個人サイトをリンクするのどうなん。
http://www.asios.org/

写真などが転載されたわけでもなし、文章の表現が似てるだけでパクられてるわけでもなし、特に文句をつける筋合いはないのだけれど、「うちは素人が趣味でやってます」と明言しているサイトを堂々と参考URLとして載せちゃうのは、資料の選定方法に問題があると思われ調査内容の信ぴょう性が下がるので止めた方がいいと思う。


本体サイト「無限∞空間」と、ここ「現在位置を確認します。」は、
その活動により利益を得ておらず、専門の監修者も存在しない
何の団体にも属さない一般個人(中の人一名)による完全趣味サイトです。


エジプトネタで誤解が広まるのが嫌なだけで、というかオカルトネタからエジプトに入ってきた人も正しく洗脳しなおしてコッチ側の戦闘員に育てるのが目的で書いたオーパーツコーナーなので、「真実を人々に知らしめる(キリッ」とかいうノリとは逆に合わないんだよなー。