東欧で使えるジェスチャー小ネタ「1」と「2」

東欧というかオーストリアとチェコで確認したジェスチャー。

日本だと、「1」「2」を指で表すとこうだけど、

画像


オーストリア&チェコでは、こうだった。

画像


親指を立てるのは「Good」とかじゃなくて「1」の意味。
親指と人差し指を立てると「2」。

なので、「チケット1枚くれ」という時に日本のジェスチャーで人差し指を立てたときに親指が微妙な位置にあると「え? 1枚なん、2枚なん?」と聞き返されるという。このジェスチャーの有効範囲がどこまでかはナゾ。まあひとつの旅で仕入れた小ネタということで。