ファラオ ケベトマップ攻略

戦闘は多いけど他の戦闘マップに比べれば大したことないのがこのマップ。

内戦からの復興という状況はティニスと同じ。ただし最初から防衛施設がある程度出来上がってるので、その点ではめちゃくちゃ楽。とりあえず最初にやるべきことは、破壊されている宮殿跡に自宅をたてること。宮殿がないと税収がないですが、最初の時点では町が荒廃していて税収が望めないので、邸宅をたてて毎月のお給料を受け取っておくのが正しい。

画像


画像


収入源となる交易品は、対岸まで町を伸ばせば鉱山があるので高価な銅を輸出して稼げます。歩兵ユニットも作成できる。途中の中洲は家1件だけたてといて飛ばしつつーの、対岸にアンテナ方式でタコ部屋鉱山開発村をつくるべし。ちなみに金鉱も開発できるので金鉱の横に宮殿をたててピストン輸送させれば資金ぐりに困ることはありません。軍資金が尽きないという意味でも楽なマップです。。


オベリスクたてるんが面倒なんですが、そこはそれ人員が余ってきたらこんなかんじで数にものをいわせて。

画像



ラー様の交易ブーストと、セト神の敵抹殺チート加護が得られるのが嬉しい。
しかしセト神は川から水路でやってくる敵は攻撃できないのだった。とりあえず敵の撃退用に戦艦を2-3、中洲に待機させておくとよし。上陸させてしまうと、上陸場所がランダムなので迎撃が面倒。

このマップでは、クリア条件の人口7000が一番のネック。敵の攻めて来る方向が川の対岸2方向なので、戦力を3部隊ずつ分散させて配置しておくのが吉。


■敵の進行方向

1→2→3→4(4は水路)で。
順番はランダムかもしれない。セト神の加護を発動させれば、序盤の敵は初期の弓兵x2だけでも迎撃可能。
水路で敵がくるので、最初からある船着場を壊して造船所に建て替え→中洲に軍港 手が余ったら漁船を作る で防衛を固めておく。

画像


■ポイント

最初からある町が何気にお荷物状態。やたら疫病が発生するので病院は多めにたてておく。あと護民官…。
ちなみに護民官は兵士じゃないのに何故か戦闘に参加してくれて、しかも妙に強い。(笑)



後半になるとサッカラとの交易路が開設されて宝石細工が輸出できるようになるのでムチャしても赤字になることはまずない。ただし最速プレイを目指すとサッカラ交易路が開設された頃にはすでにクリア条件を満たしているので、あんまり意味がなかったりする…。