IPv6を勉強していて「こんなの流行るわけない」と思ってしまう瞬間

現行のIPv4 192.168.0.1
Ipv6の例   FA00:1205:0000:0000:0332:CE76:FE1E:276B


 な  が  す  ぎ


・自分のアドレスが覚えられない
・そもそもどこからどう読んでいいのか分からない
・受験時代以降使っていなかった年表暗記のワザを適用できないか考えてしまう
・固定IP管理表のv6対応版を作ってみて絶望する
・何故だかファミコン時代のカンスト時のバグを連想する
・じっと見ているとだんだん色指定に見えてくる
・パケットヘッダのわけわからなさに泣きたくなる
・事務員さんにパソコン本体に貼ってるシリアル番号とIPv6の違いを説明するのに骨が折れる
・連続する0を略していいのは1箇所だけだっつってんのに全箇所略して復元できなく書く人を見てイラッと来る





流行る流行らない以前にもうそろそろ実用化されないと、IP枯渇で本気でピンチな部分もあるわけですけども。
…IPv6基準になったらネットワーク系の試験死ねるだろうなぁー って、ふとブルーな気分になってみたりなんかしちゃったりなんかするわけですよ。ええ。