大航海時代Online(26) ”21世紀のこの場所へ” ロンドン編!

今を去ること… 2週間くらい前…

画像


小国優遇により爵位条件が緩和され、一気に子爵へと昇進したmaatさん。
なりたくないなりたくないと愚痴っていた「男爵」をすっ飛ばし、子爵になれたことで心うきうき。

だが勅命が終わってみると、「すいません、手違いでした…」
なんと爵位を剥奪され、見事イモ称号へと転落。バグだと? バグだったと??! この辱めどうしてくれよう。
投資爵位もらうにしても、とにかく准イモという恥ずかしい称号から早く脱出せねばっ…!


と、いうわけで中の人は、何がなんでも冒険爵位をもらうべく、歴史的円高によって若干行き易くなっている、イングランドへと旅立つことにした!

※この理由付けはフィクションです。
実際の中の人の行動理由とは異なる(むしろ実際の理由のほうがネタ的)場合がございます。


-------

仮想世界から現実へ。現実からまた仮想世界へ。ヴェネツィア同様、今回もやってみました。

画像


だがしかし最初から難関にブチあたる。
…スクリーンショットをとった場所に該当する広場が無い! そもそもロンドンの広場に噴水などない。公園の中にはあったけど、町のド真ん中で噴水なんて見たのは、トラファルガー広場くらいだ。

しかも背景にある教会の建物も見つからない。

画像


最初これかなーとも思ったんだけどステンドグラスの雰囲気がちょっと違う…
ゲーム内の広場にある教会の元ネタは一体?? ロンドンの街中をけっこう歩いたのに、似てる建物が見つからりませんでしたことよ。

<※ロンドン大火前のSt.ポール大聖堂がモデルだそうです、情報thx!>


王宮前広場の有名なウェストミンスター寺院は、このとおり。

画像


画像


そっくりな造形ですね。
ただし、周囲の雰囲気や大きさ、場所についてはゲーム内とはかなり異なります。ヴェネツィアが、かなり忠実に現実の街並を再現していただけにちょっとガッカリ。まーな再現しにくいよなロンドンは…。

で、ウェストミンスター寺院とビック・ベンは地下鉄ウェストミンスター駅下りた目の前、通りを挟んだすぐお隣で、間に川や大きな道路はなし。ウェストミンスター前は交差点になっていて広場も噴水もなし。

ビック・ベンの後ろは、すぐにテムズ川。
つーことはアレだ、ゲーム内のロンドンの街並で見えてるのは海じゃなくてテムズ川だったんですね。騙されてた。対岸が霧で見えないから、ずっと騙されてたよ僕らは…!

画像



さて、曇り空なら雰囲気もあったかもしれないロンドン。
晴天だとゲーム内のどんよりした雰囲気とは全く逆。
郊外は赤レンガか黄色っぽい石の建物が多くて、「灰色のロンドン」とはだいぶ違ってた。青空まで続く緑の芝生、遠くを流れる雄大な雲… どこまでも走っていきたくなるんだぜ…。

画像


画像


画像


画像


意外と寒くはなかったです。
寒くはなかったけど、とつぜん晴れ雨が降ったり、かと思ったら妙に乾燥しはじめたり、イギリスは天気が不安定な場所であるらしい。
各冒険者ギルドからの依頼遂行ネタは纏まり次第ということで…。


■その後


↓ここまで二人で愚痴
画像


↓冒険爵位獲得でいち抜け
画像




…准男爵から 男爵 になりました。orz
イモ呼ぶな! 肉じゃが言うな! だーら俺は「まあと」であって「みーと(肉)」じゃねぇって何回言えば…!

何とかして、あといっこ爵位を上げて子爵にならねば。


画像


と、いうわけで、新実装クエも終わったしケープ沖に沈んでた沈没船もようやく引き上げられたし、また商人になってお金を稼ぐのですよ。目指せ子爵、イモ脱出のために!


--------
(c)2005-2009 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
--------

コーエイの中の人は、各本拠地の街中発見物をもっと増やすべきだと思うんだ。
ロンドン冒険者ギルド発「サン・マルコ寺院発見クエスト」とか。
せっかく歴史建物を再現してても、わかる人にしか分からんのでは勿体ないぞな…。