DVDブック「古代エジプト」がアコギな商売に見える件





※DVD「徹底解明 ツタンカーメン 死の真相」は、DVD商品として既に発行したものです。
※DVD「徹底解明 ツタンカーメン 死の真相」は、DVD商品として既に発行したものです。
※DVD「徹底解明 ツタンカーメン 死の真相」は、DVD商品として既に発行したものです。

・・・・・。

俺それ出た直後に買ったよ!!


今になって解説本つきで出すとか酷い…
しかもお手軽値段だし… どんだけ…。アニメ業界だとやりそうなテではあるが、古代文明ファン相手にそれはない、それはないよ。

悔しいから買わないけど紹介してやる。
お買い得だよ!;;






==============

笑ったのは、本屋でこの本が、吉村作治のわりとどうでもいい本と隣り合わせに並んでいたこと…。

吉村作治が「ツタンカーメンの死の真相は! 私は暗殺されたと思っています!!」みたいなとこを書いてる本の横にこの黄色いナショジオシリーズか並んでいて、ぺらっと開くと

 「専門家はツタンカーメンの暗殺に懐疑的だが、アマチュアの研究家たちは…」

うん、まあ。皮肉にしか見えない。(笑)
今年のお正月の特番にも出たらしい吉村さんですが。おかげさまで本屋には平積みのですが…言う内容の大半は、世界的にそんな説は一般的じゃねぇよ… と、いう独自の内容なので、… まあ。買っちゃって騙されちゃった人もいるんだろうけど、そろそろ読者も成長するべき。

吉村さんの ”独自説” は片っ端から否定されて、書いてる内容がコロコロ変わってることに。(※1)
そのぶん沢山本を出版できて良かったですね…?

独自の内容なら論文にして発表して正式な賛同なり反論なりを貰うべきなのに、一般人むけのテレビバラエティでしか吼えられないあたりにイイ加減さ、学者の出すまともな説と認められるだけの証拠もない与太話、というのを感じていただけると幸いかな。



最近はエジプト特番にザヒ・ハワス博士もよく出てくる。
民放バラエティの過剰演出と、情報の正確性を無視した視聴率ありきの番組構成、不必要なゲストやスタジオでのトークショーなんかは私は好きになれない。ザヒ・ハワス博士を持ち上げすぎるのもよくないと思うし、あらゆる功績を彼のもののように見せかけるのは間違いだ。

ただ、ザヒ・ハワス博士は、吉村氏と違って本物の学者だから。

エジプト人の歴史はエジプト人で解明したい、エジプト人考古学者を増やしたい、という思いから、やや国粋主義に走りすぎるきらいはあっても、吉村作治のように基本的な知識がネェとか、言ってる内容がトンチンカンとか、妙な独自説を持ち出してきてテレビの前で喋るとかいう対応は、していない。

それと、ザヒ・ハワス博士はエジプト国内の遺跡を自由に見て回れる/テレビクルーの入る許可を与えられる人、だってことも大きいか。吉村特番で入れない場所でもザヒ特番なら行けたりする。もちろん発掘に関する最新情報が集約される場所でもあり、情報の新鮮度からしてもザヒ特番のほうが安全なような。

何が言いたいかというと、吉村さんもう要らなくね…?
TBSの正月特番、視聴率はどうなんだ。

------------------
※1
「ピラミッドは王の墓ではない、なぜなら一人の王が複数の墓をつくるわけがないからだ!」

→去年発見された118基目のピラミッドは 王の母親の墓
あれ? ピラミッドはすべて王のものじゃなかったんですか??
一夫多妻制だし家族のぶんまで含めれば、ピラミッドは王の数以上に膨大でも不思議はなくなっちゃいませんかね…。

カウントページでも書いてますが、王権の弱まった時代に、王族ではない「自称・王」が作ったピラミッドも、あったりしますよ。
専門家なら知ってるか、調べるよね普通。調べもしないでテキトーに本出版するどころか、テレビで喋っちゃうのはどう考えてもマズい。しかも本人全く悪いと思ってなさそうなところが更にマズい。いや、いい加減気がつく人は気がついてると思うんだけど。