吉村作治が霊能力者とやった特番を見つけてきた。(あまりの黒歴史ぶりにひいた)

1992年に放映された「宜保愛子 ピラミッドの謎に迫る」(日本テレビ)らしいです。
Youtubeに番組の一部と思しきものがアップされていました。

ttp://jp.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%9C%E4%BF%9D%E6%84%9B%E5%AD%90%E3%80%80%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89&search_type=
(宜保愛子 ピラミッド で検索して出てきた結果)


早稲田発掘隊の本拠地と呼ぶべき王家の谷まで連れてって霊視させたことについて、同僚の反感を買わなかったのでしょうかね。
このあと吉村氏は教授になってしまうわけだけども、それを認めるあたり学会ってやつは妙なしがらみがあるもんだなぁ、と苦笑するしかない。


他、超常特番「たけしのTVタックル番外編 2007年地球大破局!?」(テレビ朝日)で、グラハム・ハンコックといっしょに出演していて大したツッコミも入れられていなかった、とか。

ハンコック主催の「謎の古代文明展」(福岡アジア美術館)に公演しに行ったとか。

「太平洋に沈んだ大陸―沖縄海底遺跡の謎を追う」(第三文明社)で、ハンコックといっしょに引用されているとか。

狙って調べたわけでもないのに、山のように出てきましたがこれは一体。

ギボアイコの番組と、ハンコックの番組は見ていないのですが、1つ自分が見た覚えがあるもので、沖縄の与那国島近くにある「海底遺跡」(実際は人工的なものではなくただの岩ですよ、念のため)について、「あれは明らかに都市だ」と大威張りで言っていた番組があったはずなのですよ。
何の根拠も無く…。
遺跡と自然造形物の区別もつかないってのはどうなのかと思った。

おそらく、これと「太平洋に沈んだ大陸~」という本に引用されたことは無関係ではないでしょう。「与那国島の海底遺跡(仮)」にはグラハム・ハンコック氏も興味を示していたようですし、実は裏で仲良しだったりするんでしょうか。
  
 …この人、掘れば掘るほど黒歴史が出てきますね。(汗
 どんだけ埋蔵してるんでしょ。


落ちるときは一気に落ちるのがタレント学者の宿命。エジプト特番でテレビに出すより、経歴暴いて特番にしたほうが売れると判断された時点で終わりのような気がするんですが、視聴率取れなくなったら、このへんのネタを使って最後絞りとって捨てる気なんじゃないのかテレビ局。

あなたが乗っているのは死後の栄光を約束された太陽の船ではなく、風まかせにナイルを下っているただのパピルス舟だと、誰か言ってあげてくれ。

#古代エジプト人にとって、海は神々の加護のない世界