現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS アクエンアテンの治世から死亡推定年齢を計算してみた

<<   作成日時 : 2018/06/01 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

どう計算してもアクエンアテンの死亡年齢は40歳前後、35歳は相当ムリしてると思うぞ。というお話です。

何でそんなことをしているのかというと、現在アクエンアテンのミイラだという意見のある、KV55という墓から発見された遺体(ほぼ骨)は、MAXでも35歳とされていて「若すぎる」からなのです。アマルナ王朝のミイラには間違いないようだけれど、あれはアクエンアテンではない可能性が十分高い確率で存在する。はっきり言うならば、ミイラの調査結果を素直に受け取るならば別の王族と見るのが妥当だと思う。

というわけで、アクエンアテン王の死亡年齢を推定してみたいと思います…


---------------
【確定している事項】

・治世5年目に遷都先のアマルナの都を建設開始。この時点で娘は最低でも2人いる(図に登場する)
・治世8年目にアマルナ遷都
・治世9年目あたりに娘6人が揃っている図がある
・治世10年目に次女が死亡、同時に赤ん坊の絵がある(死亡した王女がお産で亡くなったからなのか、別の娘なのか不明)
・治世17年目まで確実、18年目には死亡している

---------------

まずは、アクエンアテンを30歳で死亡させるためのタイムスケールを作成してみます。
こうなります、どん。

画像


「治世5年目の時点で娘が二人いる」が最初のポイントです。

10歳で子供は、普通、作れないでしょう。ギリギリ若くして、15歳で最初の子供が生まれたとします。16歳で2人目が出来たとします。このペースで毎年娘が誕生すれば、治世9年目に6人の子供ができていることになります。

…しかし6人の娘は全員、王妃ネフェルティティの娘と考えられているので、ネフェルティティは毎年子供を産み続けることになります。人間の限界じゃねーのかそれ

まぁ、でもとにかくそれで産めたことにします。
そうすると、治世10年目に次女が亡くなった時には次女はまだ幼いので、夭折したことになります。次女の死亡の場面に登場する赤ん坊は、生まれたばかりの六女だろうと考えられます。

このタイムテーブルでいくと、アクエンアテン死亡時の年齢はギリギリで29歳。いけそうに思えますが、難点が幾つかあります。

・アクエンテアンがアマルナへの遷都を決定する年齢が若すぎる。

10台半ばのぺーぺーの青二才に、そこまでの権力や意志、あるいは後ろ盾などは可能でしょうか。即位5年目とはいえ、さすがに若すぎて誰もついてこないように思われます…。

・ネフェルティティのお産ペースが速すぎる。

前にも書きましたが、これたぶん人間の限界に挑戦してる。

・ネフェルティティが死亡したと思われる治世10年目の時点の長女が若すぎる。

碑文などの記録から、ネフェルティティが公式記録から姿を消す頃から、長女メリエトアテンが王妃としての役割を果たすようになり目立つようになりますが、このタイムテーブルでは治世10年目時点の長女はまだ10代前半で、ちょっと若すぎます。

・ツタンカーメンと三女の年齢差がない。

アクエンアテンの死後に即位するツタンカーメンは、アクエンアテンの三女と結婚しますが、一般的に三女アンケセンパーテンはツタンカーメンより年上だったと考えられています。が、ツタンカーメンは自身の治世9年目に19歳くらいで死亡していることがミイラから確定しているので、このタイムテーブルだと頑張っても数歳の差しか作れません。



という感じで、他の情報との整合性がとれないなど、色々不自然が出てきてしまうのです。ということは、このタイムテーブルがおかしいか、今までに知られているほかの情報が間違えているかです。確率からいうとタイムテーブルにムリがあると見るほうが妥当でしょう。

そこで、もう少し他の情報との整合性をとりつつ、ネフェルティティの腰に負担をかけない時間軸で考えてみます。
こうなりました、どん。

画像


最初の子供が生まれるのが15歳、というところは同じですが、王女たちの誕生間隔はもう少し広くしています。こちらは、治世5年目の時点で王女は実際は4人生まれているけれど、幼すぎるので碑文には登場していない、という考え方をします。これだと治世9年目の時点で6人の王女が揃っていて、かつ、次女は自身の早すぎる初産で亡くなったとも、赤ん坊は六女だったともとれるタイムテーブルが出来上がります。

アクエンアテンが遷都を宣言するのは24歳。
ネフェルティティ死亡時の長女の年齢は19歳。
どちらも現実的な設定になりました。

また、ツタンカーメンと妻の三女の年齢差も6歳に開きます。


このタイムテーブルではアクエンアテンの死亡年齢は37歳、となりました。おそらく35歳にしてもギリギリそれっぽい数字は出ると思うのですが、無理のないタイムテーブルを作ろうとすると40歳前後での死亡というのが妥当だと思うのです。ていうか、この年表ですらネフェルティティは2年ごとに娘を産んでいることになってしまう。王女たちの中に双子や三つ子がいなかったことは、図に描かれた王女たちの大きさがわざわざ変えてあることからして確かなので、現実的な出産ペースで考えるなら、もう少し間を空けたほうがいいくらい。

やー実際に自分で年表をあれこれいじってみると、色々見えてくるものもあるんですよ…。

というわけなので、やっぱKV55のあの骨、若すぎるんじゃないかな? MAXで見て35歳としか見積もれないのなら、あれはアクエンアテンの遺体ではないと思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

アクエンアテンの治世から死亡推定年齢を計算してみた 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる