現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ケラトプスの歩き方が分からない。再現モデル二種について

<<   作成日時 : 2018/03/20 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここのところ、恐竜の系統樹を調べてみては、まとまった時間が取れなくて中断するのを繰り返しているのだが、いっこ気になる話があったのでメモっておこうと思う。

「ケラトプスの移動様式が分からない」という話だ。
要するに、化石として骨格は見つかっているけれど、それが実際にどのように歩いているかには諸説あるということだ。
では実際の説はどうなってるのか? というと、どん。これだ。

画像


ガニ股ェ…

いや、よく見るのは左のほうなんですが右図の説もアリだそうで。
より詳しく言うと後ろ足は真っ直ぐだけど前脚がどのような方向にくっついていたかが問題なのだそうだ。確かにここ軟骨の具合とか細かい部分が残ってないとわからなさそうだよなあ。意外とこんなところからも、恐竜の再現画像は変わってくるものなのかもしれない。

恐竜学入門―かたち・生態・絶滅
東京化学同人
David E. Fastovsky

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恐竜学入門―かたち・生態・絶滅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ケラトプスの歩き方が分からない。再現モデル二種について 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる