現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと前に話題になった「チバニアン」の詳細が分からない。

<<   作成日時 : 2018/02/24 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本地質学会のサイトまで行ったのにプレスリリースさえ見つからないんですけどォ!
というわけで一番知りたい内容が出てこなくてめんどくさくなってきたので今手元にある情報だけまとめておくことにした。

◆xxニアンとは何か?

まず、地球の歴史を大きく分けるときに「古生代」「中生代」「新生代」という枠組みがある。
(厳密には、古生代以前の時代もある)

その中で恐竜が生きていたのが「中生代」
その下に、有名な「白亜紀・ジュラ紀・三畳紀」など「xx紀」という枠組みがある。
で、「xx紀」のさらに下位にあるのが「xxニアン」とつく名前。


恐竜の生きてた時代の地層はめちゃくちゃ細かく分類されていて、こんな感じになっている。

画像



で、今回のチバニアンは「新生代」の中の「第四紀」の下にぶら下がる区切りのようだ。

画像



判りづらいが、「第四紀」の下に「更新世」と「完新世」があり、そのうち「更新世」の中期をチバニアンという名前にした、ということ。ちなみに中期はチバニアンになったが、後期はまだ名前が決まっていないらしい。それぞれの時代を明確に表す層が見えてるところが見つからないと名前が決まらないということなのだろうか。

また、「第四期」の区切りは、わりと最近変更されていたことがわかった。赤枠をつけた「イオニアン(仮)」の部分が、実際にはチバニアンと命名されたところ。

http://www.geosociety.jp/name/content0057.html
画像



んで、一番知りたかったのは「この時代に何が起きたのか」ということなのですが、それがなかなか見つからないんですよォ!


もうね…
一番はそこじゃないの…
なんで調べないの新聞とか…

というわけでちょっと調べてみたところ出てきたのがこれ。

・最後の地磁気反転が起きた
・現生人類まだアフリカ出てない。ほかの人類は先にアフリカからの移住を開始している
・石器でいうと旧石器時代、アシュール期あたり
・その頃の日本はナウマンゾウとかヘラジカがいた

第四紀における日本列島への哺乳類の移動
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaqua1957/37/3/37_3_251/_pdf

これでだいぶ時代のイメージはつくようになったと思う。
チバニアンという名称で検索してもあまりいい情報は出てこないので、「新生代第四紀」とか「更新世中期」とかで探すと欲しい情報が見つかる。なんやよーわからへん…という私と同じ地学初心者の方は、ぜひお試しください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ちょっと前に話題になった「チバニアン」の詳細が分からない。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる