現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカのスパイ衛星、こんどはアフガニスタンでも遺跡調査に使われることに

<<   作成日時 : 2017/12/19 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以前、イラクでアメリカの衛星が遺跡を見つけていた、というニュースを拾った。

アレキサンダー大王がペルシャ遠征の時に通過したかもしれない?「失われた都市」が発見される。
http://55096962.at.webry.info/201710/article_7.html

今回は、アフガニスタンでも同様にスパイ衛星を使った遺跡調査を始めるという話。
お察しの通り、かつてアメリカ軍がアフガンでタリバンと戦うにあたり軍事的に活躍していた衛星である。が、今回は平和利用…アフガニスタンとの合同調査で使われるそうだ。

Spy satellites are revealing Afghanistan’s lost empires
http://www.sciencemag.org/news/2017/12/spy-satellites-are-revealing-afghanistan-s-lost-empires

※記事の写真は17世紀のキャラバンサライ


イラクもアフガニスタンもそうだが、遺跡調査があまりされていない地域というのは、地球上にけっこう沢山ある。
ヒッタイトの首都でさえわずか100年前に発見され、インダス文明もイギリスが支配しにいくまで歴史からは消えていた。そういった「失われた文明」「忘れ去られた都」が、衛生から見つかる可能性が出てきている。

衛星からの目視であれば現地を歩き回らなくてもよいし、地上で見たのでは判別のつかない遺構も発見できる場合がある。また、危険な地域でも調査できてしまう。衛星画像の解析が考古学で利用されはじめたのは近年のことだが、これは実はスゴい技術であり、一つの時代の転換期と言っていい。間違いなく、これからのトレンドの一つになる技術である。

独自で衛星を打ち上げられる国なんて、世の中にいくつもあるわけではない。
日本はその数少ない国の一つなわけだし、いまからこの分野に参入…どうですかね…?



****

こういうニュースを見るといつも思うんだけど、軍事目的だとほんとに技術はよく発展するんだなぁと。で、軍事利用が終わると民間に転用される。
技術自体に善悪はなく、どんな目的でどのように使うかの部分が肝要、ということがよく判る。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

アメリカのスパイ衛星、こんどはアフガニスタンでも遺跡調査に使われることに 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる