現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第6王朝のピラミッドにくっついていた?ピラミディオン(てっぺん部分)が見つかる

<<   作成日時 : 2017/10/21 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

掘れば掘るほどいろいろ出てくるのがエジプトさん。サッカラなんていうメジャーな発掘サイトでもまだ出るのかよつてカンジの。

一週前に見つかってたオベリスクに近い場所から見つかってるので、同じ自体の、同じ埋葬施設の一部じゃないかという話のメモ。

New Pyramidion discovered in Sakkara necropolis
https://dailynewsegypt.com/2017/10/15/new-pyramidion-discovered-sakkara-necropolis/

画像


高さ1.3-1.1m、まぁ小型のピラミッドのてっぺんくらいのサイズ。先端部分の金箔(もしくは金属)はなくなってて、掘り込みだけになってる。ただ、付近にたくさんある第6王朝のピラミッドの、どれとセットになるのか今んとこまだ確定はしてないっぽいので、今後に期待ですかねえ。


※ちょっと前のオベリスクの発見についての記事はこちら
http://55096962.at.webry.info/201710/article_12.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

第6王朝のピラミッドにくっついていた?ピラミディオン(てっぺん部分)が見つかる 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる