現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャコメッティ展に行けなかったので、代わりにジャコさん似のバアルを集めてきた

<<   作成日時 : 2017/09/04 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

※出オチは量産型ジャコメッティことバアル神像セット

画像


バアル神とは…

古代オリエント世界の嵐・雨の神。兄弟である死の神モトと争い、敗れて死ぬが、姉妹であり妻である女神アナトが復活させてくれる。春の嵐の体現であることから、バアルが生きている間=春〜夏、死んでいる間=冬、と解釈され、定期的に死と再生を繰り返すのは一年の季節のサイクルを意味していると解釈されている。
カナアン付近が本拠地だが、一部、アナトリアやエジプトでも信仰された痕跡がある。


で、この神様、どういうわけか妙に細長いプロポーションの立ち姿で像が作られるんですよ。
片足出して妙に細長いプロポーション。なのでそこはかとないジャコメッティ臭がするんですね(笑

画像


ハツォール出土のやつは色合いや表面のデコボコ具合も似てたり。

画像


実際に並べて比べてみると・・・?

意外と違和感ないぞジャコメッティ!
むしろ全部ジャコメッティだ!(何)

画像


こうして比べてみると、何が「ジャコらしさ」を出してるのかが判ってくるんですね。
細長く引き伸ばされたプロポーションもそうなんですが、「表情」、これがジャコメッティらしさのもう一つのポイントなのかなと。バアル像の中でも顔がはっきりしてないものほどジャコ臭がすると思うんです。


****

東京の次は豊田市開催だそうですジャコメッティ展。
名古屋在住の方は是非・・・。

http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ジャコメッティ展に行けなかったので、代わりにジャコさん似のバアルを集めてきた 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる