現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界最古の? スマイリング・フェイス―微笑む壷とカルケミシュの都

<<   作成日時 : 2017/08/27 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Emojiという単語で思わず眼を留めた記事。ああこの単語も日本語から世界区に羽ばたいていったんだなぁとシミジミ。
イタリア隊の発掘によって、トルコのカルミシュから「:)」の笑顔の絵文字みたいな顔の描かれたツボがあるという記事だ。紀元前1,700年頃のものなので、もしかしたら「世界最古のEmoji」になるのかもしれない。


History's 1st Emoji? Ancient Pitcher Shows a Smiley Face
https://www.livescience.com/59895-oldest-known-smiley-face-emoji.html

画像



なお今回の発見はイタリア隊の成果のようだ。カルケミシュというとイギリスの発掘隊のイメージが強かったのだが、2011年からはイタリアが発掘していたという。

カルケミシュの、トルコ・イタリア共同発掘プロジェクトの公式サイトはこれ。
http://www.orientlab.net/karkemish/web/

サイトの風景やレポート(分量は少ないけど)がある。
トルコとシリアの国境という説明があるが、まさに「国境」であり、おそらく現在は、IS残党との戦闘や難民の流入で外国人は容易には近づけない場所になっていると思う。というかトルコ軍が前線基地に使っちゃってるはず。

画像


顔の描かれたツボは、はたして本当に顔なのかどうかは分からない。同じようなツボが他にないからだ。
しかし、描いた人は何がしかの意図をもっていたはずで、そこに想像力を膨らませるのは楽しいことだと思う。


******************************

カルケミシュについての基本データ

******************************

都市名は、かつてこの辺りで信仰かれていた神「Kamis」に由来する。古代においても現代においても重要拠点であり、ヒッタイトの時代には副王が在住する国防の要となる都市として扱われた。ただしヒッタイト崩壊後は情報がほとんどなく、年表が400年くらい飛んでいる。ヒッタイトをはじめとするアナトリアの国、メソポタミア、シリア、およびエジブトやイランといった周辺からの影響が交じり合う地で、この遺跡から発見されたレリーフの多くはトルコの首都アンカラにあるアナトリア博物館に収蔵されている。

前717年に新アッシリアのサルゴン2世が征服し、その後、新アッシリアの命運を決める前605年の新バビロニアvs新アッシリアの決戦の地となった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

世界最古の? スマイリング・フェイス―微笑む壷とカルケミシュの都 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる