現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ノルウェーで鉄器時代〜ヴァイキング時代の遺物が大量盗難。博物館が情報提供して呼びかけ中

<<   作成日時 : 2017/08/23 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ノルウェーのベルゲンにある Tyveriet på Historisk museum (Burglary at The University Museum of Bergen) から、8/11-13にかけて貴重な遺物が盗難に遭い、いまだ回収されずということでワールドワイドでの呼びかけが始まった模様。

盗まれた遺物の写真は博物館のFacebookで公開されてます。昔は盗難品の鑑定ってお高いカタログ頼りだったんですが、今はこうしてお手軽にネットで公開して呼びかけられるんで弁理になりましたね。「これが盗難品だって宣伝してるんだから、知らないで手に入れましたって言い訳は出来ないからなお前ら」っていう意味もあります。

https://www.facebook.com/groups/Vikingskatten/permalink/716168098574342/

***********************************************

日本語記事

ノルウェーでバイキング関連品400点盗難 「計り知れない」損失
http://www.afpbb.com/articles/-/3139827

画像


ノルウェー語記事
https://www.nrk.no/hordaland/krimekspert_-_-mye-tyder-pa-at-museumstyveriet-er-en-innsidejobb-1.13651549

画像

※割れたガラス窓の写真があって、「ああ…アナログな方法で侵入されたんだな…」ってわかる

英語記事
http://www.uib.no/en/news/109828/burglary-university-museum-bergen

こちらでは「少なくとも245のオブジェクトが盗まれた」といってます。400点以上、というのは最大の数なのか、それとも記事の出た日付によって盗難が確認できた数が増えているのか。
盗まれたのは鉄器時代〜ヴァイキング時代の品、ということなので、おそらくヴァイキング時代の始まる前の紀元前5-6世紀あたりから入っているのかと。

…いやまて、その時代ってあんま遺物ないぞめっちゃ貴重じゃねえかうわあああ!(気づいて発狂)


今回盗まれたものは、一時的に警備の手薄なところに保管してたスキをついての狙った犯行とのことで、内部事情に詳しくないと出来ない。犯人はすぐ判りそうなもんですが、いかんせん盗まれたものが「分散売却しやすい小物」ばっかりなんですよね。最近だとシリアでISがよくやってた盗掘と同じ手法。で、金製の腕輪とかブローチとかだと最悪、溶かされてただの延べ棒にされちゃいますね(´・ω・`)

なんとかその前に見つかってくれるといいんですが…。



というわけで、博物館がFacebookで公開している遺物、ぜひシェアしてあげてください!!


***********************************************

これは卵型ブローチ。ヴァイキング時代の代表的な女性のアクセサリーでお墓から人骨と一緒によく見つかる。普通は2コセット

画像


鍵。
主婦は家や宝物入れの鍵を預かるものとされ、鍵の束を腰に提げていた

画像


これは首につけるトルクというアクセサリーかな?
ケルト文化のトルクが有名だが、北欧でもよく使われていた

画像


うーんちょっと欲しくなるやつばっかりなんだよね…
いいチョイスだよ盗難犯…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ノルウェーで鉄器時代〜ヴァイキング時代の遺物が大量盗難。博物館が情報提供して呼びかけ中 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる