現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「お宝に値段をつけるのは下品」と思ってる人にちょうどいい番組がある

<<   作成日時 : 2017/05/22 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

民家の倉庫から逸品の壷が! とか、亡くなった祖父の家の天井裏から忘れ去られていた名画が! とかいう展開は嫌いじゃないけど、値段をつけられたとたん興ざめしてしまう。
そんなあなたに朗報です…

 見つかった逸品を紹介するだけで値段をつけない番組があります

NHKの「お宝ガレリア」
http://www4.nhk.or.jp/otakaragalleria/


・品物の価値をお金に換算しない(お金で価値を決めない)
・値段は一切公表されない
・"本物"しか出てこない
・偽モノと鑑定された品を笑い飛ばすようなつまらないことをしない
・CMが入らない
・ひな壇芸人の無意味なコメントがない
・頭の悪そうな字幕は極力控えめ

これですよ、こういうのでいいのバラエティって。お堅い来歴の説明はないけど気持ちよくダラダラ見ていられる番組。

画像


画像


この番組は、普段人目に触れない美術品とか意外なところにあった美術品とかを紹介していくやつで、値段はつけない。むしろ来歴も作者も不明のナゾの美術品とか出てくる(笑) 「どういう品なのかわかんない、けど、いい作品なのは間違いない。」それだよ、その評価が聞きたかったんだよ。

最近見た回は特に自分の好みの作品がそろっていた。
市役所から見つかったナゾの絵(?)、応接室に忘れ去られていた人間国宝の作品、住友家から見つかった箱書きが間違っていて来歴も作者も不明な黄金の行幸図の屏風。住友家のやつなんかは、来歴不明だけど絶対これヤバいやつでしょってのがもうオーラで分かる。値段なんてつけられたら興醒めだったと思う。20年調査したけどよく分からないまま、っていう謎具合もとてもいい。作品の価値を決めるのは古物商ではない、それを見る人だ。

というわけで、な○でも鑑定○とかが下世話すぎて・・・って人は試してみよう。

あと、番組で流れてたけど↓この絵(?)の詳細知ってる人は連絡してあげてほしい。市庁舎建て替えるらしいんで、何もわかんなかった場合は廃棄になる可能性が高いそうだ。

画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

「お宝に値段をつけるのは下品」と思ってる人にちょうどいい番組がある 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる