現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS アイスランドおみやげシリーズ! (※ただし物価は高い)

<<   作成日時 : 2017/05/21 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

物価は高い。が、欲しいときに欲しいものは買う。
というわけでアイスランドおみやげシリーーーーーズーーー。


1.  北欧神話本

やっぱりあるよね神話の本。
でも何故か英語やドイツ語だと「ルーン文字」なのに日本語版は神話ダイジェスト、中国語版は「オーディンの箴言」。
…これもしかして各国の好みに合わせてるのか。だとしたら商売上手いな。

画像


中でも異彩を放つのが中国語版。「高き者の言葉」(Hávamál)を「長者高見」と訳すパワーワードっぷり。「海寇詩経」というタイトルもまたカッコいい。オーディン様が仙人の絵柄で脳内再生されました(笑)

画像



2. 神話ポスター

ラインナップがユグドラシル・オーディン・ロキ・エーギル。
三柱神のひとりフレイ神が未実装!! どいうことなの豊穣より酒が大事なの?!

画像


ただこの店で一緒に買ったアイスランド民謡のCDの中に Ó Mín Flaskan Fríða (日本語訳: 世の中のどんなことにも耐えられるがアルコールが切れたらおしまいという男の歌) というのがはいっていたりしたので、現代アイスランドでは酒造の神が豊饒神の人気を凌ぐという現象が本当にあるのかもしれない…。

フレイ神の本拠地はたぶんスウェーデンあたりなんだな。


3. ヴァイキング表情Tシャツ

これはもう「ずるい」としかいいようがない(笑)
目が合った瞬間欲しくなるに決まってるやろ!!

画像



4. ヴァイキング・エールと角杯

ヴァイキングごっこしてくれといわんばかりのとりあわせ!
毒を入れて! ひげで濾して飲め!!
けっこういいお値段がするんだけど、見つけたらそりゃ欲しくなるよね。商売上手いわぁ…。

画像


画像



その他、ルーン文字のアクセや、特産の羊毛(ウール)製品、なぜか熊の毛皮なども売られていた。
それから意外と楽しかったのが本屋さん。観光客向けの写真集を何冊か買ってしまったのと、あとヴァイキング関連の一般書が並んでいたので、つい…

つい…!

画像


画像


画像


いやー向こうだと一般書なんだろうけど意外と日本では見かけないやつが多くて…。つい立ち読み&ゴッソリ買い込むという日本と同じことをやらかし、お会計のとき「タックスフリーの書類いる?」とか聞かれてしまった。お土産の半分が自分用の本。。

物価は高いけど!
ショッピングは楽しかったです!!

あと前にも書いたけど、アイスランドくっそ寒いんで皆、防寒具は一杯もっていこうな。寒さに負けた観光客たちがこぞってお高い羊毛セーターや靴下を買い求めていたよ。登山用品店も沢山あったよ。商売上手いよアイスランドさん…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

アイスランドおみやげシリーズ! (※ただし物価は高い) 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる