現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 大英自然史博物館展がめっちゃ楽しみ。ピルトダウン人が来るよ!

<<   作成日時 : 2017/03/10 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

毎回言ってますけどTOPページにSKIPできない動画コンテンツを持ってくるウェブデザイナー(笑)はみんな失職すればいいと思います。 発注側も頭おかしい。

というわけで公式ページは、情報を見るまでに3回ほど「Flashうぜえ」と魔法の呪文を呟いてから入ってください。
http://treasures2017.jp/


さて今回の展覧会、情報見るまではあんま興味なかったんですが(現地で見てるから…)、ピルトダウン人が来ると聞いて俄然行きたくなってきました。

画像


こいつが日本では、どんな展示のされ方をしているのか。そう、日本で。日本だから意味があるんですよコレ。どういう意味かというと、わが国が

 ほんの二十年弱前に、ピルトダウン人に匹敵する最悪の捏造事件が発覚した国だから

です。

日本の考古学会が内に閉じこもり気味で、海外にあまり知られていないからまだ傷が浅かったのであって、内容だけ見るとピルトダウン人事件を越える酷さなんですが、全く見抜けなかった当時の現職の先生方は後始末にだけ注力して再発防止も反省も十分にやったとは言えないという状況です…
その状況で、当事者の先生方がどんなコメントをつけるのかが ある意味 楽しみ なんですよ。
ていうか科博でやるってことはアノ先生とかアノ先生に頼むんじゃないかなとか。


というわけで、「日本にはこれを越える捏造事件がある」ということを念頭に、まずはピルトダウン人ってどういうモノなのかを軽く流しときます。(なお、この内容は、以下の記事にも書いたものです。最近発見された新種の人類に対しても、ピルトダウン人と同じ疑惑が掛けられていました。)



人類の新種「ホモ・ナレディ」発見のニュースとそれに纏わる疑惑
http://55096962.at.webry.info/201510/article_4.html

"ピルトダウン人事件とは、1912年にイングランド南部サセックスで"発見"された、人類の骨である。最初に発表されたのはイギリスの科学雑誌「ネイチャー」1912年12月5日の号。発見者はチャールズ・ドーソン。

この発見は、それまで人類の祖先が見つかっていなかったイギリスで、初めて発見されたものとされた。また、既に見つかっていた人類の祖先とは違い、"脳が大きかった"。ヒトとサルをつなぐミッシングリンクが見つかったのだと、学会は大騒ぎになる。だが――

捏造が発覚したのは、40年も経ってからの事だった。疑われるようになったキッカケは単純だ。その40年の間に見つかった、ほかの人類の祖先たちとピルトダウン人はあまりに違いすぎ、系統樹のどこにも当て嵌まらなかったのだ。捏造が決定的になったのは1953年の頭蓋骨と顎の年代測定だった。結果、人間のように見える頭蓋骨は正しく現代の人間のもので、顎は古いオラウータンの骨だった。ミッシング・リンクと思われた発見は、別々の年代のヒトとサルの骨を組み合わせただけのものだったのだ。"



つまり今回来る骨は、この捏造事件の証拠品であり、人の手によって作られた「実在しない人類の祖先」ということです。ちなみに「幻想の古代史」という本では、なぜこんな捏造が起きたのかについて、「当時イギリスではまだ人類の祖先の骨が発見されておらず、ドイツやフランスに対抗したかったからだろう」と推測されていました。

古さ対決、「最古の○○」を見つけたいという思い、お国自慢などは、今でも色んな国の考古学者たちの間で問題を引き起こしていますが、それの行き過ぎた結果がこれというわけです。



なお我が国では、同じく思いが行き過ぎた結果、何故か 現生人類の祖先が作るような高度な石器が数十万年前の地層から出る という捏造事件が発生しました…。

通称「ゴッドハンド事件」とか「旧石器捏造事件」とか言われてるやつで、ググればいろいろ情報は出てくるかと思います。縄文時代の石器を古い地層に埋めてただけなのに何故か偉い先生方が全く指摘もせずに二十年も騙され続けていたという、なっかなかにテンションの上がる事件でして、私なら恥ずかしくて首を吊るレベル。無理。

捏造事件に使われた遺跡のリストがこれですが、あまりの多さに目がくらむ。
http://55096962.at.webry.info/201605/article_8.html

ピルトダウン人が発見された当時は、まだ分析や鑑定の知識が未熟だったから、と言い訳は出来た。
点数も関わった学者も少なかった。
でも、こっちは…。

ピルトダウン人の横で、日本の捏造事件で藤村氏の掘り出した石器を展示してもいいくらいじゃないのかな。やらないかな。過去の過ちをきちんと保存していて教訓を忘れない英国の考古学はまともだし、これから発展する余地もあると思います。なかったことにしたり、他人のせいにしたり、「悪い素人に騙された」みたいに傷舐めあってるうちは、いつか必ずまた同じことをやらかしますよ…




開催は東京・上野で3/18から、一般入場1,600円(公式より)
あと始祖鳥とか呪われた宝石とかもきますよー。博物スキルレベル上げしたい冒険者は、年度末の過労に耐えて現地で視認だ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大英自然史博物館展がめっちゃ楽しみ。ピルトダウン人が来るよ! 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる