現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS メキシコ湾の原油理由出事故から6年。影響は? → わかりません!(By学者)

<<   作成日時 : 2017/03/20 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ニュースは、メディアで流されなくなってからが本番です(`・ω・´)
気に成るニュースの続報が流れない、そういやあの事件はどうなったのか、…ということは世の中多いわけですが、一方的に「受け手」である限り、続報は分からないままとなります。知りたいことは自分で探しに行くこと。これ大事。


というわけで、2010年に起きた、海底油田掘削基地「ディープ・ウォーター・ホライズン」の爆発炎上と原油流出事故について、その後どうなったのかが知りたくなって探しに行ってみました。史上最悪の流出事故と言われ、当時は、海底からの流出を止めるのは不可能ではないかなどと言われました。

画像


その後なんとか海底の流出元にセンをするのには成功したものの、ながれだした油の回収は容易ではなかった(果たして終わったのかどうか今でも微妙)という、この事件。

最近の続報を色々探してみたのですが…

5 years after the Gulf oil spill: What we do (and don't) know
http://edition.cnn.com/2015/04/14/us/gulf-oil-spill-unknowns/

2015年の、このあたりまでしか情報がみつからなかった。
そんなはっきり判る結論は出るわけないだろうなとは思ってたけど、まぁ判らんという結論らしい。影響は長期的なものになるだろう。としか…

事故を起こしたBP社が「流出した油はほとんど回収したし、メキシコ湾沿岸の住人に補償もしたから問題ないやろ」と主張してるのに対し、学者側は「いや油の大半はどっかに消えましたけど…海の底で微生物に影響出てるかもしれんよ…」と言ってるのも、事故直後から何も変わってない感じですね。つかこれ、調査しようがないっていうのが恐ろしいところだと思うんですよ。たとえ海全体の魚の何割か死んでたとしても、そんなの体感以外で計測しようが無いから。



ちなみにこの事件は2016年に「バーニング・オーシャン」(邦題)という映画が放映されました。いつものアメリカ映画で、ヒーロー的な主人公が、事故後、家族の下に生還するまでの感動テンプレに沿って作られたものなので、まぁ、うん、って感じではあるのですが、BPがこの映画のような基地運営をやってたんだとしたら、まぁそりゃ事故りますよねw って感じ。他の海底油田でもやりかねない。さすがに改善されているか、映画の描かれ方が悪すぎるのだと信じたいところであります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

メキシコ湾の原油理由出事故から6年。影響は? → わかりません!(By学者) 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる