現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS BSプレミアム「知られざる古代文明」マヤ編 新技術で学者がマウンティングしてくる内容でした

<<   作成日時 : 2016/12/24 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ナスカ編を見た感想はこちら

今回の番組は、青山せんせーという日本語のマヤ本をいっぱい出してる方が出演されていたので、ほぼ青山節でした。なので冒頭の時点で番組の構成も進行も予想ついてたんですが、まぁその結果、ナスカ編でああ゛あ゛ってなってた、俳優さんのイケてないコメントが少なめだったので精神的にだいぶ楽でした。

青山せんせーめっちゃ喋るからな…その勢いに押されるんだろうな…
あと理解の浅いコメントすると光速で「いや、それ違いますね」とかツッコミ入れていただけるからな…(笑)

画像


で、青山節の部分は、よくあるマヤ番組とあんまり変わらないっちゅーか内容的に「うんまあ、著書とかぶってるよね」って感じで目新しいことはあんま無かったのですがいっこだけ、「ライダー技術」なるものが。

衛星画像を処理してるのかと思ってたらどうも違うっぽい。これ、ヘリやドローンからの映像でも使えるリモートセンシングの一種ですね。光の波長から物体への距離や、物体の性質を判定するっていうやつ。

なので、地表に生えている樹木だけをとっぱらって、地表部分を表示するということが出来る。
例として出てたフッジサーン。

画像


樹海の中に隠れた古代の噴火口が見えたりする。
これはすごいなと。ここまではっきり判るんなら、ぶっちゃけ、今までのように衛星画像こねくり回して遺跡探さなくて済むんじゃないかと。畑の下とか、建物の下に隠れてるやつも条件次第では判別つくようになるから。

画像



で、本題のマヤ部分。ジャングルの下に隠れたピラミッドが、こんなかんじで見える。

画像


画像



んで、これで探すとこんなに遺跡が見つかるwww
大半は一般人の住居とからしいんだけど、これは… こんだけ遺跡あったら… もうね。
衛星画像からちまちま遺跡探してるアマチュアや、アタリつけてジャングルの中歩き回ってるトレジャーハンターなんか勝負にならないじゃないですかね…。

画像



ちょっと前に、「15歳の少年が現代の星図から未知の遺跡を発見した」っていうニュースがありましたが、これは、それに対する学者のマウンティングだなと。
リモートセンシングで山ほどの「遺跡候補」を見つけられる手段がある =  そこらじゅう遺跡なので、星座にあうように遺跡を結ぶことくらい簡単。あと本当に遺跡かどうかも判別がつく。存在しない未知の文明とかオカルト的な伝説は速攻で潰せる。


新技術が万能ってことは無いだろうけど、昔に比べてかなり網羅的なデータを取れるようになってるわけで、実に興味深い。世の中の進歩はすごいな・・・

なお番組は1時間半ありましたが、ここ以外の部分はあまり記憶にな(




いや、全体としてはよく纏まってたし、悪い番組じゃなかったんだけど、青山先生が出演する番組はぜんぶ同じ作りになっちゃうのがね…。

#そういえば
#途中に出てきた立命館の先生がやってたボーリング調査は、結果がまだ出てないんだろうか。
#今度はそのへん中心で見てみたい。


******

●ここはチガウヨ編●

ガチ大河依存なのはエジプトとメソポタミアくらいで、あとは実は大河文明じゃない、というのが最近の研究。
インダス文明は河が近くにない遺跡も多いし、黄河文明と言われてるものも実は河依存というわけではなかったりする。

画像



あと南米ーの移住ルートの画像がちらっと出てたけど、アフリカ〜インド〜日本〜アメリカ大陸って矢印になってたの、そんなキレイにルート判ってないし、たぶん移住も一回きりではないので描き方が微妙だなと思いながら見てた。説が色々あるんだよなー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

BSプレミアム「知られざる古代文明」マヤ編 新技術で学者がマウンティングしてくる内容でした 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる