現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛇足が痛かった…BSプレミアム「知られざる古代文明」ナスカ編 反省会

<<   作成日時 : 2016/12/19 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

BSで放映されてたやつ、見逃し配信で視聴。

ザ・プレミアム シリーズ 知られざる古代文明 「発見!ナスカ・大地に隠された未知なる地上絵」
http://www4.nhk.or.jp/thepremium/x/2016-12-17/10/10493/2803151/

画像
(なんで背景にヒエログリフみたいなの入ってるんだろ? マヤ文字?)



久し振りの中南米ネタで山形大が協力しているというのでワクテカしながら見てみた…うん、前半…学者さんの解説つきの部分は良かったね…。そこは良かったんだけど… クスコとマチュピチュがもうグダグダで見てられない、時間稼ぎ状態になってた番組でした。


このシリーズ、イケメンの俳優さんが旅のナビゲーターなんですよ。ナレーション部分ははカッコいいです。でも、

 番組内に出てくるコメントが中学生レベル

成人男性としてちょっとあんまりにも語彙力も思考力も低すぎじゃないですか? 他にもっとまともな人はいなかったのか。大の大人の口から子供みたいな感想を延々聞かされるのは精神的にだいぶキッツい。あと、お仕事で行くならせめて一般書で予習くらいしないものなのか…

うわべだけ流して判ったフリをしようとした人に語られても言葉が心に響くわけ無いですね。
途中でナスカの首切りの話をして「残酷だ」とか「どんなテンションだったんですかね」「ま、わかんないっすけどね!」とか言われたときは 帰れよ って本気で思ってました。

という番組なので、次回のマヤ編ともども、忍耐力を試されると思って見てほしいです。
あと、本編と関係ないとこで、主に俳優さんのセリフの中で、ちょくちょく間違いもありました…

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●番組内のイチオシ見どころ●

まずここ、地上絵の近くに走ってる幹線道路。

画像


幹線道路ですよ。地上絵付近わりと人が来ます。なので勝手に地上絵付近に勝手に入りこむバカとかがいるわけですね…。↓こんなんとか

「環境保護団体」グリーンピース、ナスカの地上絵付近に無許可で巨大メッセージを設置
http://55096962.at.webry.info/201412/article_12.html

ゴミのポイすてもあるので、山形大の調査隊のシーズンは地上絵付近のゴミ拾いから始まるという話がブログのほうに出てきてたりします。

ナスカ研究所ブログ
http://www-h.yamagata-u.ac.jp/others/nazca_blog.html

画像


前半はほんとにがんばってたんだよなー。
最近新しく発見された地上絵の説明とかもしてたし。あと地上絵の「中」に入って撮影してる映像なんて滅多に出てこないので、これはお宝映像。こんなに接写して大丈夫なんか、カメラさん足元注意しろよってヒヤヒヤしなから見てました(笑)

画像


↑これコンドルの嘴の部分ね。

ちなコンドルといわれてる絵はほんとうは海鳥らしい。言われると確かに、コンドルにしては首もしっぽも長すぎるな…。

画像


「地上絵は、地上絵のまんなかに入って眺めると、地上からでも絵がわかる。空から見る必要ない」、これは現場で研究してる人だからこそ言える・わかった 話だと思う。

地上絵は人間が二人いれば一時間も経たずに描けるって話もでてましたね。たぶん具体的な生き物の形してる地上絵のほうが描くの簡単なんだよ。ただの直線のほうが難しいから。ながーい直線描くのって測量技術ないと厳しい。


…と、いうあたりまでが面白かった部分です。
クスコ以降はとりあえず時間稼ぎと世界遺産の名所巡りですよね? そのシーン要らないですよね? みたいな感じで…うん… あの… ナスカだけじゃ一時間半持たないから中途半端にインカ入れましたよねこれ…。(´・ω・`)




●番組内の「いやそれ違うから」な部分●


まず一つが、事前の俳優さんインタビューのときもツッコんだ「一次文明」についての説明。
昔から知られる「四大文明」に中米とアンデスを足して六大文明だ、というのが中南米やってる学者さんの主張ですが、マスターキートン読んでる勢なら「二十くらいあるだろ?」っと思いますよね。そっちが正解ですよ多分。

前にちょろっと書いたけど、トィンビーの「歴史の研究」から図を出します。



画像





文明というのは隣近所に別の文明があると、融合したり影響を受けたり、未熟なうちな接触した場合は吸収合併されてしまうもの。なので、一次文明をほかからの影響なしで発生した文明と定義するならば、発生した数自体は六つどころじゃないです。六大というのは、「十分に成熟に至るまで孤立することが出来た文明のうち現時点で発見されていて一定レベルの知名度を持つもの」ものに過ぎないです。

たとえば中央アフリカとか北米とか、あんま研究されてないか知名度がないから六大に入れてもらえてないっす…。




次が、ナスカの首切りが、次のイカ文明になると発生しなくなるという説明。
イケニエの風習自体は、インカ時代まで続いてるので違いますよね。

中南米の文明でなぜ人の命を捧げ物としたのか、については諸説ありますが、このへんの本の解釈なんかが面白いっす。「神が自ら血を流して作り人に与えたのがこの世界なので、人もまた血をもって神にお返しすることが世界の維持に必要」という考え方は、食物連鎖のサイクルから抜け出して何一つ世界に貢献しなくなった人間が、自然のサイクルに留まろうとする思想なのかもしれないです。



イケニエについての説明部分は、番組コメンテーターが中学生なので、生首見て残酷だとか心がどうたらとかペラい感想しかいわなくて本当イラっとした。現代人の観点で考えるほうが傲慢でしょ。



あと気になったのは日本のハニワは人身御供のかわりだ、という説明。
違います。ハニワは筒型のものが多くて、人型のものの割合はごく僅か、かつ登場するのも後になってから。そもそもの役割はあの世とこの世の境界。それ俗説だから。ちなみにエジプトのシャブティ像も人身御供の代用品ではないですね。

日本の埴輪はエジプトのシャブティ像とは意味が違うという話。
http://55096962.at.webry.info/201601/article_16.html



それと、間違いまではいかないけど、オリャンタイタンボがリャマの形をしているとか、マチュピチュの広場がワニの姿になってるとかいうのは一部の学者が言ってる話であって全体のコンセンサスは取れていないと思う。つーかマチュピチュはコンドルの神殿のほうが有名だよね…形がコンドルになってる神殿。建物自体の形がそれになってる。
それが出てこないあたり、「あー説に合う例だけ出してきたなコレ」って感じで微妙。

ナスカの地上絵の伝統が、町の形を動物にするというインカの伝統に引き継がれたとするのは、んー 時代も場所も離れすぎじゃねぇ? って疑問譜がつきまくった。
とりあえず年表見ましょう…

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/000/684/98/N000/000/010/139290500244326884228_20140220b.jpg
 
ナスカ期からインカ統一までおよそ800年、間にワリ文化、イカ・チンチャが繫栄してようやくインカ。さすがにダイレクトに思想が受け継がれたとするには根拠が足りないんじゃないかな。そもそもパラカス→ナスカの流れで土器に描かれてた動物が地上絵として描かれるようになってるだけど、ナスカ→ワリへの流れってどうなってたっけ…。



学者さんの研究の部分でも一点、ナスカ時代と後続のイカ時代でミイラの毛髪成分から食したトウモロコシの量を調べてた研究は、トウモロコシの部分しか調べてなくて、これも番組のストーリーに合う部分しか放送してないのでダメ。穀物をあんまり食べてない時代は海産物の食用が増えてそうなので、気候の変化ではなく単に食生活の変化じゃないのって反論されてるやつ。

映像に見切れていたけどトウモロコシいがいにジャガとマメとカボチャもあるんですよ。なのでトウモロコシを食べずに他の作物を食べてた可能性がある状態で、「食べてるトウモロコシが減ったから気候が悪化した」とは言えないです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

というわけで、お決まりの内容に終わらず試行錯誤した感じはあるし、けっこう頑張って作ってる番組だなーとは思ったものの、やはりちょっとリサーチか予算が足りなかった。次回マヤ編でも中学生レベルのコメントが挿入されるかと思うと絶望しかないんですが、どーでもいい感想と顔のアップで尺稼ぎする時間は減らしてもらえるとありがたいなあ…。

#たぶんムリなんだろうな
#忍耐力を鍛えるぞ…

>>マヤ編

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

蛇足が痛かった…BSプレミアム「知られざる古代文明」ナスカ編 反省会 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる