現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 四角い連中は海に棲む ミケーネ以前の島嶼地域のキクラデス文化の像が可愛すぎた

<<   作成日時 : 2016/07/02 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前にトルコで見かけて、何の説明もなかったのでアナトリアの先史時代の何かか? と思ってた、やたら四角いのっぺりした連中の正体が、ひょんなことから判明した。

画像


キクラデス文化、というものらしい…
キクラデス諸島は、ギリシャとトルコの間の島の集まってるあたり。このへん。

画像


手元に資料がなんもないので詳細は不明だが、紀元前3000年から2000年くらいの、ミケーネやミノア以前の時代に島嶼地域で栄えた文明らしい。たぶんこれエジプトとかメソポタミアの影響受けて作られた像だよね? しかしどうして顔はこうなった。


探してみると、このキクラデス文化の像はどれもやたらと可愛らしい。

画像


わーい★みたいなのとか

画像


物思いに沈んでたりとか

画像


空を見上げてたりとか

画像


ちっぱいは正義なのとか

画像


とにかくかわいい。そして無表情なのになぜか表情が分かる。人間味のある芸術作品って感じだ。
これを…ちょっと… 調べにいってこようかと思うんだけど… 資料あるかな…。


*****

なお、もういっこの「もっと四角い人々」についてはどうもキクラデス文化とは違うっぽく、引き続き正体を探している。
この四角い連中も、同じトルコの博物館にあったんだよ…。でも何の説明も書かれてなかったんだよ・・・。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

四角い連中は海に棲む ミケーネ以前の島嶼地域のキクラデス文化の像が可愛すぎた 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる