現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 細かすぎてなかなか伝わらない古代エジプト像の魅力を説明する〜粉挽き像〜

<<   作成日時 : 2016/05/29 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

古代エジプトの像には様々な隠れた魅力が存在しますが、今日はコレ、粉を挽く人 の像について図解してみようと思います。ちなみに一緒にエジプト展見に行った人には全く伝わりませんでした。

粉を挽く人の像ってのはこれですね。こういうやつ。
中王国時代あたりの副葬品が多いです。壁画にも書かれている、小麦を石で挽いて粉にしている人の像。

画像


実はこれめちゃくちゃエロいんです。
この石臼はサドルカーンといいまして、前後に石をこすりあわせて粉を引くタイプ。いいですか、石で粉をひくときは人は前かがみになりますね? でもって石を前後にすり合わせるわけです。

画像


* 参照 ここ

ということは…

画像


もうお分かりいただけましたね…?

画像


そう、これ図録の写真の撮る方向が横からだから分かりづらいんです。ナナメ前からなら確実にエロいです。ていうか粉引きにエロスを感じる男性は絶対に古代にいたはずだ。なんたってブラもない時代だし乳丸見えだもの! 若い娘が汗を流しながら激しく前後運動してたりする日にゃそりゃあもう!


…はい、このへんにしときましょうね。







では次に男性バージョンの粉引きです。力仕事なので男性もやります。
男性の場合はこう

画像


お分かりいただけるだろうか…

画像



布一枚を巻いただけのぷりぷりとしたケツを突き出し突き出しするわけですね。若い可愛い男の子がこれをやってた日には以下略、ソッチ系の人にもあますことなく楽しんでいただける仕様でございます。 これが 男 女 平 等 !




いかがでしょうか…

細かすぎて全く人に伝わりませんが、粉挽き像はエロい。そう、とても…エロスなお仕事なのです…。
エジプト展に行かれる方には、次回はぜひ、ここらへんも参考に見てきていただきたいですね… 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

細かすぎてなかなか伝わらない古代エジプト像の魅力を説明する〜粉挽き像〜 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる