現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS というわけで(どういうわけだ)、トトXセトもいいなと思い始めた

<<   作成日時 : 2016/04/03 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

第五王朝のピラミッド・テキストだとオシリスを殺したのセトとトトの共謀ってことになってるからねー。
脳筋セトと知恵者トトが組んでたら最強だろ、ボンボンのホルス君だけでは勝てませんわ。後世の神話でトトさんがホルス陣営に回された理由は良く分かる。

というわけでセトとトトも面白い組み合わせだよなと思ったわけであります。
そして既に世界ではこのコンビネタもあります! やったねインターネッツ!


この四コマを見ていただきましょう…。

http://rebloggy.com/post/set-egyptian-gods-thoth-egyptian-mythology-inoni-art-stick-gods-i-was-reading-pa/108012722885

パソコンに向かって仕事しているトト。そして何故かトトさんの部屋に入り込んで、ソファでくつろぎながら勝手に本を読んでいるセト。
セトは大爆笑して言います。

セト「うっはめっちゃ笑えるこれww トト、お前クッソLAMAい肩書き一杯持ってんなー。書物の支配者?」
トト「うっさいよ、セト」(お仕事カタカタ)


LAMAはスラングで「超イケてない」みたいな意味。外人さんのいるネトゲでアオリ単語として良く出てきたので覚えてる(`・ω・´) ←無駄な知識


セト「"図書館の住民"www マジオタクwww "パレットのもの"? まさにオタクっぽいwww」

  「"三度偉大なるもの"、"知恵をもつもの" www うぇww まぁモノは言い様だよねwww」

  「で、"女神たちに愛されしもの"? へぇそれはwww… …え?」


セト「……」


振り返ると、トトさんがドャァな顔をしていた。



これ、ヘルメス・トリスメギストスの「三度偉大なるもの」が出てくるとこからも分かるとおり、ギリシャ・ローマ時代のトト信仰の話なんですよね。末尾を見ると作者は「I was reading Patrick Boylan's 'Thoth the Hermes of Egypt' and looking through the list of epithets」と言ってます。やあ、女神に愛されてたのはトトさんていうより、当事の相方だったヘルメスさん成分なんですけど(笑) ギリシャ・ローマ時代のセトさんはテュポーンなんかと同一視されたせいでバケモノ扱いで女子受けしなかったですしねぇー…

しかしこの作者さんのエジプト神様シリーズほんと可愛いな。特にセトさん。
トトさんにボードゲーム負けてガッシャンするセトさんとかハゲ萌えるんでぜひ探してくれたまえ。エジプト神話は…いいぞ…!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

というわけで(どういうわけだ)、トトXセトもいいなと思い始めた 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる