現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS これが現在のエジプトさんの現実。イタリア学生の不審死を巡るイタリアとの対立

<<   作成日時 : 2016/03/20 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

事件が起きたのは今年の2月初頭。

カイロで不明のイタリア人学生、拷問遺体で発見 エジプト
http://www.afpbb.com/articles/-/3075867

画像



<事件のあらまし>
イタリア人で、英ケンブリッジの博士課程に属し、エジプトのカイロ・アメリカン大学で客員研究員として働いていたという男子学生が何者かに殺害された。彼が研究していたのはエジプトの労働者環境や経済についてらしく、政府によって誘拐され、拷問を受けたのではないかと疑われている。


関連する記事など。

エジプト・イタリア人学生殺害事件を巡る深刻(ニューズウィーク)
http://www.newsweekjapan.jp/column/sakai/2016/03/post-951_1.php

イタリア青年の死(エジプト) (中東の窓)
http://blog.livedoor.jp/abu_mustafa/archives/5007420.html

Italian student killed in Egypt: Giulio Regeni 'showed signs of electrocution' (the gardian)
http://www.theguardian.com/world/2016/feb/14/italian-student-killed-in-egypt-giulio-regeni-showed-signs-of-electrocution

※gardian紙では拷問手法が詳しく述べられているので、それ系が苦手な人は読まないほうがいいかも
※拷問の仕方がトルコ警察と同じなんで、「あー…これは疑われますわ」って思った。


ネット上に転がってる情報をまとめると、

 ・エジプト政府的には「この学生はスパイなので自分で危ないところに突っ込んだんだろう」という見解らしい(←自ら疑われにいくか…)

 ・同僚の話では、研究をかねてある団体のデモを見学にいき写真に撮られてしまったことが拉致の原因なのでは? とのこと

 ・エジプトの労働者環境を調べて論文にするつもりはあったようだが、スパイ活動ではなく学術的な調査研究のはずだった

という感じ。参考として1つめにリンクしたニューズウィークの記事にもあるとおり、エジプトでは、現地ジャーナリストですら投獄されてる状況なんで、この学生さんが反政府デモに加担したと看做されて政府に拉致された、というのは、それが疑われるだけの状況が既にあるのです。

イタリアとエジプトの外交問題に発展するのは勿論のこと、エジプト政府の関与が疑われている以上、他の国からも心象は最悪です。つかぶっちゃけ、私もエジプト政府怪しいと思います。だって去年ロシア機がシナイ半島に墜落したときも、テロの可能性をギリギリまで隠そうとしてましたし、空港職員の内部犯行だってすっぱ抜いた記者がめちゃくちゃ弾劾されてましたからね…。



これが、今のエジプトさんの現実なのです。

ムバラク政権時代と変わらないか、それ以上の情報統制。そうしなければ国内を纏め上げられないんだ! という主張も、まぁ分からなくはないんですが…。

ここで発掘なんかしてる考古学者も、この空気の中で仕事してるんだなって思うと、何か見つけても発表の手続きが面倒くさいことになるんだろうなってのは何となく察しがつきます。ゴクロウサマデス。(´・ω・`) あと、エジプトさん最近ロシア&中国と仲良くしてるから、共産圏陣営で遠くへ行っちゃうのかなあってちょっと心配。

結局、革命とか春とかいうものは何だったのかなぁ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

これが現在のエジプトさんの現実。イタリア学生の不審死を巡るイタリアとの対立 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる