現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパ中世とか騎士とかそのへんのライトな資料。

<<   作成日時 : 2016/01/12 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヨーロッパ「中世」っていうと一般的にはローマ以後ルネッサンス以前、なので実際には5世紀〜15世紀あたりなんだけど、たぶん多くの人は「騎士とかお姫様とかお城とかのあるあたり!」ってイメージするんだろうな。そうすると12-13世紀あたりが中核になってくるわけですよ。

いきなりだけどここがまずポイントで、資料探すときにタイトルに「中世」と書かれてても、その「中世」は歴史としての中世全体なのか、「中世」っぽい要素が全て出揃う最盛期の一時期特化なのかは本によって異なるので注意だ。

とはいえ一般書だと大抵、中世といえば最も「中世らしい」二百年くらいの時期に絞って書いてきてるのだが。


*****************

というわけで、ファンタジー小説とかでよく使われるこの最も「中世らしい」時代の資料を適当にメモしておく。
それぞれの本は、各著者の好みによって傾向や表現スタイルが違う。 なので、一冊の本が全てだと思わずに、面倒でも複数の本を読んで補完しあうと時代のイメージがつきやすいのではないかと思う。


絵解き ヨーロッパ中世の夢(イマジネール)
原書房
ジャック・ル ゴフ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絵解き ヨーロッパ中世の夢(イマジネール) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


絵解きといってるが絵はそんなに多くない(笑) 史実的なお堅い資料というよりは、ファンタジー世界っぽいイメージを優先した本。代表的な文学作品への言及が多い。


騎士道の夢・死の日常―中世の秋を読む
人文書院
堀越 孝一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 騎士道の夢・死の日常―中世の秋を読む の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ちょっと古い本だが、騎士道の世界の現実と、その衰退について詳しく読める。雰囲気重視の本。

中世への旅 騎士と城 (白水uブックス)
白水社
ハインリヒ プレティヒャ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中世への旅 騎士と城 (白水uブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「騎士と城」のタイトルから分かるようにどっちかというと貴族・騎士の階級について詳しい本。
騎士道の理想とかについて学べる。

フランス騎士道―中世フランスにおける騎士道理念の慣行
松柏社
シドニー ペインター

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フランス騎士道―中世フランスにおける騎士道理念の慣行 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


これはやや専門的な話が多い本。「騎士道とはなんぞや」みたいな話をこねくりまわしたい人むけ。
フランスメインなので、ドイツやイギリスなど周辺国の事情はあまり含まれない。フランス騎士道はある意味特殊な世界なので、それを承知で読むならよいかと思われる。


中世ヨーロッパの城の生活 (講談社学術文庫)
講談社
ジョゼフ・ギース

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中世ヨーロッパの城の生活 (講談社学術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


お城の描写についてはこれが詳しい。ディズニー映画には出てこない中世城生活のリアル。
床暖房もない時代だし、あんまり住み易くはなかったようだ。


中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)
講談社
F. ギース

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



中世ヨーロッパの都市の生活 (講談社学術文庫)
講談社
J. ギース

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中世ヨーロッパの都市の生活 (講談社学術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


農村と都市の生活はセット。文庫版で持ち歩きしやすいのもポイント。
庶民生活がリアルに描き出されてて、マジメに読むと、ある意味、中世への幻想が吹き飛ぶと言える(笑)


************

うちにある資料はこんなかんじ。どれもガチに使える感じの資料なので図書館などで是非。
つーかねやっぱりね、人が解釈したものを再利用しただけってよりは、自分で元ネタを確かめて独自に解釈したほうが独自性とか深みとか世界観とかは出ますよ。

あとリアルにこだわりすぎると縛りがキツくなるので、どこまでリアルにこだわり、どこから独自路線にするかの塩加減は適当に。
それでは楽しい中世ライフを。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ヨーロッパ中世とか騎士とかそのへんのライトな資料。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる