現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラゴンと仲良く旅したという聖人「聖ダヴィドゥス」なるものが見つからない→イタヨ!

<<   作成日時 : 2015/12/31 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長くて引用するのが面倒くさかったのでページをスキャンした。

画像


元はアーサー・コッテルの「世界神話辞典」。ちょろっと調べたいものがあり索引がわりに使っていて、気になる部分が出てきたので「これの元ネタはなんだろう」と調べてみたのだが、すぐ出てくるのかと思ったら予想外に出てこなかったという話だ。

世界神話辞典
柏書房
アーサー コッテル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界神話辞典 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


まず「聖ダヴィドゥス」という人物だが、ダヴィドゥスはdavisのラテン語読みdavidusである。
カトリックの聖人リストに載っている「david」は一人だけ、ウェールズの聖ダヴィ(Saint David)だけだ。しかしこの人はウェールズ出身とされており、ガリシア(たぶんスペインのガリシアかな…?)の人でもアッシア人でもない。
また探した限りドラゴンに直接関わる神話も出てこなかった。

続いて似たような名前で同じくらいの時代の人を探してみたが、ぎりぎり似てなくもなさそうなのは「Didymus」くらいで、この人も違うっぽい。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_saints

ここで言われている、竜と旅したという聖ダヴィドゥスは一体誰のことなのだろう。
調べても出てこないので、以下の3つのどれかではないかと予想する。

 ・実は聖人ではなかった
 ・実在の人物ではなく物語の人物
 ・物語の主人公の聖人名を間違えている

ウェールズの紋章は竜であることから、ウェールズの守護聖人のことだと勘違いして他の人の話を取り違えてるというのは、ありそうな気がする。


ちなみに冒頭に出てくる「聖フランチェスコ」のほうはアッシジのフランチェスコという有名な人なので、ググればすぐ出てくる。

まあこれは探せたら探すかなーって感じで、メモだけにとどめておこう。


***************
追記

掲示板のほうに情報提供いただきました。
アッシリア十三教父の一人だそうです。

https://oca.org/saints/lives/2013/06/09/502-st-david-gareji

正教系の聖人だからそっちのリストを調べないと出てこなかったわけですね。
ドラゴンと旅するエピソードはこちらにある模様。

http://rbedrosian.com/Downloads/Lang_Georgian_Saints.pdf

英語で読んでもやっぱり天使さん酷い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ドラゴンと仲良く旅したという聖人「聖ダヴィドゥス」なるものが見つからない→イタヨ! 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる