現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS すまない、ホモ以外は帰ってくれないか! 〜古代エジプト、世界最古のホモカップルの噂。

<<   作成日時 : 2015/11/06 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アッー
画像


なんかウロウロしてたら見つけちゃったコレ。世界最古のホモ とキャプションが付けられていた古代エジプト(古王国時代)の二人の画像ですね…。

ちなみに何故か日本語のWikipediaにも記事がありますが。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%A0%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%A8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%A0

この記事、内容は"だいたい"あってるんだけど、二人の名前「クヌムホテプ」と「ニアンククヌム」に、生と死がどーたらいう意味はないです…。
クヌムホテプは「クヌム神を満足させるもの」とか「クヌム神が満たしたもの」とかいうカンジの名前、ニアンククヌムは「クヌム神によって生命を与えられたもの」とかに訳せると思う。「アンク」は生命って意味だけど、生との結びつきって何だw まぁ、まぁ、Wikipediaはソースさえあれば書けてしまって、ソースの正当性自体は求められないものなので、何時ものことだと流しておく。


二人は同時代に生きて同じ墓に埋葬された第五王朝の人物。この壁画は二人の共同の墓から見つかったもので、その親しさ表現がただの兄弟にしちゃいきすぎじゃね? というところから、「同性愛者だった説」が唱えられるに至った人々。ただし墓には二人が女性と結婚して子供をもうけていたことも書かれているので、同性愛だったというよりは、 極度のブラコンだった というほうが現実味がある。

え、よく分からなかった?

もう一度言います。

彼らは世界最古のホモではなく、死してなお永遠をともに生きようとした世界最古の極ブラコンだった可能性があります。


歴史のロマンですね!


発見は1964年、発見者はエジプトの考古学者。
探してみると、詳細な写真や図を載せているところがあった。
http://www.osirisnet.net/mastabas/niankhkhnoum_khnoumhotep/e_niankhkhnum_khnumhotep_01.htm

墓の場所はココ。墓の規模からしてかなり偉い廷臣だったんだろうなとは思うけど、ニウセルラー王に仕えていたなら、どうして王のピラミッドの近くではないんだろう。(ニウセルラーのピラミッドがあるのはアブシールで、サッカラではない)

画像


だけど、他の王様ピラミッドが近くにある重要な墓地には違いない。
きっと死後の楽園でも二人でずっと王様に仕えてるんだろうなぁ…とか想像すると(以下略
「永遠の(兄弟)愛」とかいまどき臭すぎてマンガでも使われないが、それを真顔で実践しちゃって五千年後の俺らにドヤ顔できる古代エジプト人マジパネーッス。いいなぁ… ちなみにどっちが(年)上だったんだろう… フフ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

すまない、ホモ以外は帰ってくれないか! 〜古代エジプト、世界最古のホモカップルの噂。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる