現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS スペイン難破船から5.6億円相当の金貨発見のニュース、これ盗掘だよね…

<<   作成日時 : 2015/08/23 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近このテのニュースがよく流れてくるので、たまにはマジメにツッコんでおこうと思う。

スペイン難破船から5.6億円相当の金貨、フロリダ沖で発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150820-00000043-reut-int


画像



いやさ毎回思うんだけど、これ 盗掘だよね?
こいつら金儲けが目的で、遺物とかどーでもいいでしょ。黄金とか金目のもの取ったら残りのものはよくわからんって捨てて帰るんでしょ。

たとえばエジプトの遺跡で同じことやったらどーなるのかと。
金のマスクと棺は持って帰ります、でも状態の悪いミイラと壊れた木製品と土器は捨てて帰りまーす とかやられたらエジプトマニア激怒っすよ。しかも踏み荒らして金にならないものはグチャグチャに捨てていくわけで。

金のコインを見つけ出している映像と、場所のGoogle Mapはこの記事にある。
http://www.tcpalm.com/franchise/tcpalm-social/1715-fleet/treasure-hunter-reveals-he-found-45-million-in-gold-coins-off-wabasso_79739518

この水中での発掘シーンを見て嫌悪感を覚えた。まさに「宝探し」である。
嵐で船が沈んだ悲劇が〜 なんて言いつつ、沈んだ船にも歴史にもそこで亡くなった人にも欠片も敬意はなく興味は「カネ」だけ、欲にかられたトレジャーハンターのおぞましい姿だ。たとえ発見物の中に、彼らには理解出来ない重要な歴史の証拠があったとしても、海の藻屑となってしまうだろう。

これは沈没船マニアは激怒するとこじゃないの。
水中考古学やってる人とかも、もっとなんか言わなくていいのか? 海に沈む遺産は見た目とカネで換算されちゃってるんだぞ? おかしくね?


それでもまだ分からなければ、これ日本でやられたらどうなの っていうのを考えてほしい。
たとえば大戦中に金品を輸送していた戦艦が日本近海のどこかに沈んでいるとする。その戦艦の発掘権をそこの自治体が外国のトレジャーハンターに勝手に売り飛ばし、トレジャーハンターは墓標でもある船を引っ掻き回して財宝だけを盗み取っていく。

めっちゃイラっとするよね。おかしいよね。



このテのトレジャーハンターに許可を出してるのがどこの誰なのかいまひとつよく分からないのだが、日本ではこういうやからに許可は出さないでほしいと切に願う。沈んでる遺跡ぶっこわすだけだぜ、こいつら。最低限の知識も無いし。

**********************

参考:
ニュースが教えてくれない続報; "コロンブスの船「サンタ・マリア」発見か?"の裏にあるもの
http://55096962.at.webry.info/201407/article_15.html

海賊キッドの船発見→やっぱり誤報でした(テヘペロ)までは想定内。問題はそこからだ。
http://55096962.at.webry.info/201508/article_5.html

**********************

とりあえず宝が見つかって話題になれば、見つけたものが本当は何なのかとかどーでもいいっていう人らだからねトレジャーハンターって。
残念ながら今のマスメディアのレベルだと眉唾かそうでないかの区別はつかないらしいので、ちょびっとでも注意できる人は、沈没船から何か見つかった、っていうニュースが華々しく流れたときは、まず疑ってください。 そこからスタートっすね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

スペイン難破船から5.6億円相当の金貨発見のニュース、これ盗掘だよね… 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる