現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプト・ファラオ王名表 年月の経過で本の内容が劣化していく過程

<<   作成日時 : 2015/05/08 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奥付見たら初版1999年になっていた。そりゃ古いわけだと納得した。
全ファラオ一覧の載ってる日本語の本って、これ使ってる人多いんじゃないかな…

古代エジプト ファラオ歴代誌
創元社
ピーター クレイトン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代エジプト ファラオ歴代誌 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


これ以外だと、あとこれくらいしか見たことがない。



ただ今となってはどっちも古いです。

 ・新たに増えたファラオ様
 ・別々とされていたが同一になったファラオ様
 ・即位順の変わった王朝
 ・新たに発見された王朝(勢力)
 ・埋葬地、即位年間などが変更になったファラオ様

などなど、めまぐるしく書き変わっているので、もはや目安程度にしかなりません…。ついこないだも、今まであまり知られていなかったファラオ様の墓が見つかって年表書き換わったりしてるんで、本の内容が劣化していく過程を目の当たりにしている感があります。

今の書き変わるスピードを見ていると、「本」という情報媒体の限界というのをなんとなく感じます。
複数人で書くにしろ、本は原稿をつくって出版するまでタイムラグがあり、発見された内容をリアルタイムでは反映できない。いったん製本が始まってしまうと容易に内容は変えられないし、出版された本には新たな内容を追加しづらい。

ある「時点」の情報を変わらず保存する、という意味では本は優秀だと思うんですけどね。
随時書き換え可能という意味では、やっぱウィキ的な情報媒体が向くのかなぁ、と…。


ちなみに最近の改訂箇所をいくつか挙げてみると、こんなかんじ。


●「スコルピオン」王が二人に分裂した。

映画「ハムナプトラ」で大変なことになっていたあのスコルピオン陛下ですが、同じサソリのシンボルで表される二人の王様がいたことが分かってきました。最古の王として知られ、アビドスに墓が見つかっているのが一人目のほう、それから何代か後にもう一人サソリ王が即位していたようです。

●クフ王の在位年が延びた。

従来24年とされていたクフ王の在位年、「治世27年」と記載されたパピルスが紅海沿岸で発見されて、少なくとも27年まで延びました。そしておそらくこの年にピラミッドが完成したのだろうとのこと。クフ王の在位年が伸びたということは、そのあとに続くファラオ様たちの即位年も玉突きでズレていくことに…

●王朝が増えた。

国がいくつかの勢力に分裂していた第二中間期に、今まで知られていなかった勢力が判明。自称・王を名乗っていたセネブカイという人物の墓が見つかりました。なので昔出た本に載っている第二中間期の勢力図は間違っていて、実際はさらに複雑だったということに。


こんな感じで。毎年新しい発見があって気が付いたら書き換わってるので全然追いつけてまてん…思いついたときに自分用ノートをこそこそ書き直してる感じ。


むかーしAmazon通販とかがなかった時にお世話になっていた英語の情報サイトなんかも、もはや情報古過ぎて参考程度。時代を感じるんですよねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

エジプト・ファラオ王名表 年月の経過で本の内容が劣化していく過程 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる