現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS いちまんと にせんねんまえから・・・・ 古代エジプト一万年伝説

<<   作成日時 : 2015/02/24 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まあなんですか、古代エジプト文明が1万年前から栄えていた説を唱える人はひきもきらさず、いつの時代も一定数いたりするわけですが、そもそも「エジプト=1万年」っていうのは、古代エジプト人自身が言い出したことなんですよ、っていうお話。


古代エジプトの王様は、並行して即位していた人や、王なのか地方領主なのか微妙な人なども含めると、だいたい200人前後存在していました。その歴史を合算すると、初代王ナルメルから最後の女王クレオパトラ7世までおよそ3000年です。

ところが、この最後のクレオパトラくらいの時代にエジプト人自身が主張していたのは、「古代エジプトの歴史は1万年越えてるから(キリッ」というものでした…。



古代エジプト人は、歴代王を記した王名表というものを作っていました。代表的なものがトリノ・パピルスや、遺失して一部しか残されていないマネトーの「エジプト史」です。これらの内容は、一部間違いなどもありつつ実際のところかなり頑張って記録されていて、近年になってから発見された未知のファラオ名が既に記載されていたケースもあります。

ただ、人間の治世を記載するのに、3000年から1万年まで3倍以上も年代が膨らむわけがありません。
どーしたかというと、年表の最初に「神による統治時代」というのを入れたのです。

参考 神統時代
http://www.moonover.jp/bekkan/chorono/index-legendaly.htm


神様なので治世が一人3000年とかいっちゃっても全然OK!
何人いたかもわかりませんし!(笑)
(まあその考え方がのちに聖書に引き継がれて、人類の祖先たちがやったらめったら長生きになったわけですが…)



ヘロドトスの「歴史」にも、エジプト祭司に聞いた話として似たような記述が出てきます。
王の治世は合計1万1340年! (ちなみに下記でヘプァイストスと言われているのはプタハ神のこと。)

以上までがエジプト人及び祭司たちの話してくれた事であるが、彼等の指摘したところによれば、初代の王からこの最後の王ヘプァイストス宮司に至るまでには三百四十一代あって、その間に祭司長や王に成った者がそれだけいたということである。ところで、百年が三代であるから、三百代といえば一万年に等しい。そして、その三百台に追加される、なお残りの四十一代は千三百四十年に成る。

二巻(142)



というわけで、今から2000年以上前の時点で既に「エジプトの歴史は1万年越えてる」ということになっていたのです。最近になってトンデモ説として言われ出したことではなく、意外と歴史が古い、そして意外にも古代エジプト人オフィシャルな設定だったんですね。

ですので「ピラミッドは神が作った」とか「スフィンクスは一万年前からあった」とか言っても、古代エジプト人的には失礼には当たりません。むしろ喜ばれると思います。ダメなのは「古代エジプト人にピラミッドが作れるわけがない」とか、「スフィンクスは古代エジプト以前に存在した高度な文明が築いたものだ」とか、古代エジプト人の業績を否定することです。それはNG、オシリスの園から呪詛的な何かが飛んでくるかもしれませんので気をつけましょう。




なお古代エジプト人自身の主張は別として、現在の科学的なオフィシャル見解では、

 ナルメル王の生きていたのが紀元前3000年より少し前なので、古代エジプトの始まりは21世紀の現時点から見て約5000年前

 ギザに大ピラミッドが作られていたのは紀元前2500年前後なので今から約4500年前

ということになっております。
まあなんだ信じたくない人は信じなくてもいいと思うけど、古代エジプト人馬鹿にするのは許しませんよ。(にこっ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

いちまんと にせんねんまえから・・・・ 古代エジプト一万年伝説 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる