現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 人類最古の人体芸術 〜 乳と下半身から始まるクリエイティブ・ヒストリー

<<   作成日時 : 2015/01/26 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

やや旧聞となりますが1月号の特集は「人類はいつアートを発明したか?」ですよ。

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 1月号 [雑誌]
日経ナショナルジオグラフィック社
2014-12-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 1月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


そこに載っていたこちら、現在発見されている「人間をかたどった最古の遺物」。人が人を模造する。道具を使う生き物はサルや鳥などいくらもいますが、同種の生き物を象る生き物は自然界にはいまんとこいません、多分。
さてそんな、人類発の芸術作品とは何だったのか。

画像


うんまぁあれだ説明とかいらんですよね。

まごうことなきエロスです。


学者はひねくれているものなので、人類学者はもしかしたら、これを見て「豊満な肢体は豊穣のうんたらかんたら、これは女神を模した可能性がどーたら、もしかしたら安産のお守りetc」いろいろ言うかもしれないです。

でもね。見ればもう分かるじゃないですか。 エロいんですよ全体的に。 

両手でつかんで乳房を持ち上げているかのごとき仕草、無駄にきっちり作られた割れ目、このエロさは決して消せはしまい。思春期真っ盛りの高校生が退屈な授業の合間に机の端っこにこっそり描いて消す類のアレですよ。これはもうアレしかないですよ。



そもそもからして人類初期の芸術作品にはこのテのものが多いです。
今回の「ホーレ・フェルスのビーナス(Venus of Hohlen Fels)」以外にも、「ドルニ・ベストニッツェのヴィーナス(Venus of Dolni Vestonice )」や「ヴィレンドルフのヴィーナス(Venus of Willendorf)」など、過剰なほど性的特徴が強調された像が発見されています。

つまり何が言いたいかというと、人類の人体描写はムラムラから始まった、もっと言えばエロが人類を芸術に目覚めさせた可能性があるのではないかということ。



思い起こせば日本におけるインターネットの普及も、エロから始まったものでした。

「インターネットを通じて海外サイトに行けば、無修正のエロ画像をタダで入手できる。」そういう触れ込みとまことしやかな噂のもと、男たちはこぞってパソコンを手に入れ、おっそいダイヤルアップ回線でジーコロジーコロと夜な夜な暗躍したものです。そしてウィルス感染やブラクラに引っ掛かっては一つずつ大人の階段を登っていきました。

そう、出会い系の走りダイヤルQ2、メル友募集、あの頃はエロに浮かされた男たちが大勢いました。新しい技術の受容には熱意が必要です。あのエロへの熱意が日本を変えたのかもしれません。中には波に乗り切れず断念した人もいましたが。うちの親とか。使わなくなって放棄されたPCはお下がりで私が貰って活用しました。そしてそのままIT屋になりました。

人の形を作るという創造的行動も、誰かが作ったエロい女人の像を見た男たちが、「俺もアレ欲しい」「作りたい…」と真似しはじめ、切磋琢磨した挙句に、芸術へと昇華されていったのかもしれないのです。たぶん女たちはそんな男たちを横で冷ややかな目で見守っていたことでしょう。うちのおかんみたいに。エロいグッズはどんなに隠してもおかんにバレる、っていうのは、昔からの絶対真理です。



エロへの情熱、それは最も原始的にして人を最大級に駆り立てる原動力の一つである。
エロスが人をより創造的に進化させてきた、かもしれない ――そう思うとき、この像は、確かに人類を導く女神のように見えてくるのである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

人類最古の人体芸術 〜 乳と下半身から始まるクリエイティブ・ヒストリー 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる