現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 古代エジプトに女子割礼(FGM)はあったか? 出所を調べてみた。

<<   作成日時 : 2014/12/01 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

男子割礼はともかく、女子割礼が古代エジプトにあったという証拠は今のところ見つかっていない。
が、何故かあったことになっていて、「ファラオニック割礼」とか「ファラオリック割礼」とか言われているという話を聞いて、なんじゃらほいと思ったのでとりあえず出所を調べてみた。

*************************


[>そもそも割礼とは?

男子の場合、包茎を切る手術。女子の場合は外性器を切り取る手術。

[>現代と古代の違い

現代アフリカでは多くの国で行われており、女子割礼が行われているパーセンテージは以下の通り。エジプトは非常に高い。

画像


…しかし、古代エジプトの時代には女子割礼が行われていた証拠はなく、割礼の痕跡のある女性ミイラは今まで見つかっていません。(後述するとおり、「調査が不十分」と主張する学者はいますが…)

よって、女子割礼は行われていなかった、とするのが現在の定説である。

また壁画で割礼シーンがあるなど実際に割礼が行われていたことが確実な男子の場合でも、全員が割礼をしていたわけではなく、割礼のされていないミイラも多く見つかっている。


[>女子割礼の主張について

今のところ物的な証拠はないけれど「あった」と主張しているのがストロウハル(E.Strouhal)で、邦訳されている「古代エジプト生活誌」上巻では以下のように記載があった。

少女への割礼(陰核切除)は、現代のエジプトではめずらしくないのだが、極秘のうちに女性だけによって行われる。古代エジプトでのそれに関する情報がないのは、おそらくそのためであろう。仮に行われていたとしても、少人数の女性の身内だけのことだったと思われる。ミイラから証拠が見つかったという報告はないが、調査が十分に行われていない可能性もある。いずれにせよ、「割礼を受けていない処女」との記述が文献にある以上、女性の割礼も行われていたと思われる。少年の場合と同じように、少女の場合も、それが大人の世界へ入るための足がかりだったのかもしれない。


図説 古代エジプト生活誌〈上巻〉
原書房
エヴジェン ストロウハル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図説 古代エジプト生活誌〈上巻〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ちなみに「大英博物館 古代エジプト百科事典」での記述はこうなっている。

ストロウハルはいくつかの古代エジプトの文献資料に「割礼していない」処女という記述があると主張しており、ギリシアの著述家ストラボンもエジプト人が女性の割礼を行っていたと記しているが、現存する女性のミイラからは今のところ割礼が行われたことを示す証拠は発見されていない。


大英博物館 古代エジプト百科事典
原書房
イアン ショー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大英博物館 古代エジプト百科事典 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



というわけで、いまんとこ女子割礼を主張してるのはストロウハルさんか、その流れをくむ人だけじゃないかと思われる。男子に比べて女子の割礼は壁画や文献に残しづらいと思うが(笑)、物的証拠ないのにあったに違いないというのは考古学の選択としては、まぁ、無いかなあ。


古代エジプトと言いながら末期王朝以降はギリシャ・ローマからの伝統が流れ込んでくるので、ストラボンがエジプトについて書いたプトレマイオス王朝時代にはもしかしたら割礼の習慣が変わって女子にも行われるようになっていたのかもしれない。

しかしそれ以前の時代については、女子割礼の行われた物的証拠はない。女性のミイラが男性より少ないということもないので、もし割礼が一般的であったなら、割礼の跡のあるミイラは、必ず見つかっているはず。

ストロウハルの言っている「割礼を受けていない処女」という記述が何の文献のなのかどこにも出てこなかったので調べようがないのですが、それは「少女は割礼を受けない」ことを前提とした「割礼を受けていない若い娘=少年ではない」という意味だったりしないんだろうか…。
古代の文献は、翻訳もそうですが、そもそも解釈が難しいので、意味を取り違えているのではないかと思ったりもしてみる。(たとえば、現代日本語の「猫をかぶる」という言葉を単語の意味だけで翻訳してしまうと、本来の意味とは全く違う言葉になってしまうだろう。)


というか、男子と女子では割礼の目的が違うと思うんだ。

男子の場合は衛生上の問題、痛みに耐える成人儀礼という意味があったけど、女子の場合は処女性を保つためという意味が大きい。しかし古代エジプトには処女礼賛の風潮は見受けられず、婚前交渉禁止とか、結婚時は処女でないとダメとかいう概念も見当たらない。女子に割礼をする意味がないので、発想として出てこないような気がしている。
割礼によって夫婦生活が円満にいかなくなることを考えると、物的証拠が出ない限りは、処女性を重視しなかった古代に敢えて女子割礼を行ったと信じる理由はないと思う。

ちなみに近代エジプトでは、かつて割礼とハシーシ(大麻)はセットで語られ、割礼によって損なわれた性生活の楽しみをハシーシが埋めてくれる、とまで言われていた。大麻が禁止されたあとのエジプトでは、禁止項目に上がっていないほかの麻薬、ヘロインなどがはびこったという。

エジプト (読んで旅する世界の歴史と文化)
新潮社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エジプト (読んで旅する世界の歴史と文化) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


もしも古代に少女割礼があったとするなら、その副作用としての夫婦生活の問題に関する言及はあってしかるべきだろう。そのへんもセットで考え合わせると、やはり「証拠は無い」と言っていいと思う。


*************************

という感じで。
ファラオの時代からの伝統とか、古代エジプト起源とかいう説明は今んとこ根拠薄いんで、安心して「それチゲーヨ」って指摘してあげてください(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

古代エジプトに女子割礼(FGM)はあったか? 出所を調べてみた。 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる