現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS GODZILLAようやく見てきた。敵の怪獣(アベック)のイチャつきを阻止するゴジラさんの貫禄!

<<   作成日時 : 2014/09/14 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

封切りが遅かったので見損ねていたGODZILLA―ゴジラーようやく見てきたぞ。

公式>http://www.godzilla-movie.jp/

ハリウッド版ゴジラといえば例のエメリッヒ版の黒歴史(1998年)があったりしますが…、今作はちゃんと! ちゃんとゴジラしていたよ! っていうか、

 ゴジラさんが かっけえ


はいここ重要。ゴジラさんがかっけえ。
ゴジラってカッコいい怪獣だったと思うんですよ。幼稚園くらいの時に父親に見せられて、ストーリーもなんも理解してなかったけど「デカくて強くてカッコイイ」と思った記憶があるんです。ゴジラの原典っていうか、巨大怪獣ものの基本はそこじゃないのかな。ただ怖くて倒すべきものなんじゃなくて、「実際出てきたら怖い、けど憧れてしまう」みたいな。

日本のファンはレビュー色々書いてましたけど、私はこのゴジラはアリだと思いました。
だってゴジラかっこいいんだもん。ポスターのあの背中。さいご、人間のことなんぞ気にも留めずに泰然と海に潜って去っていくゴジラさん。渋い。 たまらなくダンディ。 これが昔好きだったゴジラさんだ。

やっぱマグロ食ってるような奴はダメだな・・・・・!




というわけでネタバレ感想、まぁもう気になってる人はほとんど見終わってるだろうけどね。


本作のゴジラさんは既にあちこちで散々言われているとおり ちょっとデブい。 ていうか日本のやつよりメタボな感じ。アメリカの掲示板では「ハンバーガーの食いすぎ」とか「アメリカにくるとゴジラでさえ太る」とか散々言われてましたが、なんか中年太りに見えたんですよ私には。

対する敵の怪獣MUTO(ムートー)は、昆虫めいた外見でスタイリッシュにスレンダー、かつ若者なんです。しかもアベックなんです。

わかりますか?

そのアベック怪獣が交尾しようと愛の交信を行うわけですが、そのイチャイチャした電磁波を傍受したゴジラが怒りのあまり深海より目覚めて、彼らを倒しにやってくるんです。

わかりますよね?



そう。この映画は、


大貫禄の中年ゴジラが、交尾しか頭にない生まれたての若造怪獣アベックに天誅を下す様をただ呆然と見ている人間たちの図

なのですよ…!



もうね。

オスメスのMUTOが太平洋隔てて呼び合ってる様、鼻すりすりしてイチャついてるさま、卵見せびらかして出会ってすぐにヤッちゃってるさま、彼氏のピンチにメスのMUTOが参戦してくるところとか、ああうん判るんだけど ウゼェ って正直思いました(笑) くっそこのバカップルども人間踏み潰しながらイチャついてんじゃねえよ何やってんの? みたいな。決して映画館の隣のカップルのキスの音がウザかったわけではありません念のため。

その点、ミサイルぶちこまれながらも子供たちの乗るバスを避けたゴジラさん流石です。

別に人間に配慮してくれたわけじゃないんだろうけど、わざわざ人間は殺さない、殺す価値もない、いやむしろ見えてない、くらいの勢いな無視っぷりに大人の貫禄を感じました。ちっぽけな人間相手にマジギレするMUTOなんかとは全然違うのですよ!

主人公のフォードとゴジラさんがある程度シンクロしてたんだからさー。フォードもモテない中年男とかにしとけばよかったのに、なまじ若者で妻帯者だからどっちかっていうとMUTOに近いよね…。まあいいんですけど! 次回作があるなら主人公はもうちょっとオッサンにしようぜ(笑



怪獣バトルのシーンが短い、という批判もありましたが、ゴジラさんの熱線が見れたので私的には満足です。
ていうか背中の突起が光るシーンは内心「キター」って感じでした。小さいころあれが好きだったんだ。まぁ本当は口から吐くのは放射線だったはずなんですが…。

熱線と振り向きざまの尻尾カウンターで一撃を入れるところとかカッコよかったなあ。ゴジラ父さん強い。まあほんと人間は見てただけ。でもそれでいいと思う。大自然を前に人間が勝てるわけねぇだろ、っていうのがこの作品のテーマの一つだから。

ただ人間も決して無力ではなくて、孵化前のMUTOのタマゴを焼き払うことだけは出来た。地球を救うとか、自然に勝つとかは思い上がりだけど、地球の持つ本来の力と「協力」しあうことは出来るんじゃないの、みたいな。

そういう意味で、最近ハリウッド映画であった巨大ハリケーンに襲われる映画なんかより、自然と人間というテーマの扱いは深かったと思うんだ。意外とよく出来てたと思う。



まあな、福島原発のメルトダウンをネタにされてたとか、津波や地震のシーンを入れられてちょっと「おい」って思ったのはあるけど、アメリカさんはそういう国だからな。9.11も既に映画のネタだからな。ていうか9.11なくてもマンハッタンはいつも壊されてるけど…(笑)

1カットだけだけど、広島の原爆のネタを入れてきてたのも、あれはアメリカ映画としては画期的なことだと思う。一昔前なら USA! USA! で終わってたところ、アメリカ軍がなんも役に立ってなくて、日本人の芹沢博士の「自然には決して勝てない」「ゴジラに戦わせましょう」が正しかったというのは時代の変化を感じるべきところかなと。


とりあえずゴジラがかっこよかったので細かいところは全て流そう。
やっとまともなハリウッド版ゴジラが出来て本当によかった。あのトカゲみたいなゴジラの悪夢は、ようやく終わったんだな…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

GODZILLAようやく見てきた。敵の怪獣(アベック)のイチャつきを阻止するゴジラさんの貫禄! 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる