現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプト人「穴掘ってたらなんか神殿でてきたwww」→バレて逮捕 ―アビドス

<<   作成日時 : 2014/07/12 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと前のニュース。

Mahat chapel of Nebhepetre Mentuhotep II discovered in Abydos by Egyptian archaeologists
http://luxortimesmagazine.blogspot.jp/2014/07/exclusive-full-story-mahat-chapel-of.html

On 23rd of April 2014, not far from Seti I temple in Abydos a ground subsidence outside a house happened as a result of illicit dig inside the neighbour’s house.


アビドスにあるセティ1世の葬祭殿からそう遠くない場所(記事によると北東150mほど)でメンチュホテプ2世の神殿が発見された、というニュース。それはまあいい。まあいいんだが、

 隣人の家の内部を違法に掘っていたら地盤沈下した

っていうのは、何がどうなってそういう状況になったんだ(笑) えっ地下から通路掘って隣の家にドロボウに入ろうとしたってことなの? ルパ○的なあれ? 隣の家が大富豪だったとかならまだ分かるんですが…。

そしてそのドロボウ用の穴が地下に埋もれていた古代エジプトの神殿にぶつかって、ドロボウはお縄になりました、というニュース。

 現実がマンガを超える国、エジプト。

ニュースの写真見るとモロに民家の間っすね(笑) ここは…さすがに考古学者もノーマークだったんだろうなあ…。
四千年前の遺跡の上に気づかずずっと住み続けていた近所の人。エジプトさんはこういうのがよくあるから困る。

画像


アビドスのセティ1世葬祭殿の北東で、ソハーグとの境界あたりと書いてあるので、このへんかな?
ストリートビューとかもないので細かい場所は特定できない。

画像


https://www.google.co.jp/maps/@26.1848877,31.9208225,756m/data=!3m1!1e3?hl=ja

ちなみにメンチュホテプ2世は中王国時代のファラオ様、セティ1世はその後の新王国時代のファラオ様。なもんで、今回見つかった神殿が先にあったはずで、後から建てたセティ1世の葬祭殿は、普通に考えると敷地が被らないように建ててあるはず。

中王国時代の王様は資料が少ないので、こういうの出てくるとwktkしますね。続報に期待。



あとどうでもいいですが、ソースのLuxor Timesの記事の10枚目の写真の人、ヒエログリフTシャツ着てるんですが、めっちゃ名前書いてませんかこれ。全世界に名前アピールしちゃってますよyasirさん(?)。エジプト帰りなのか、たまに電車の中とかでこのテのヒエログリフで名前書いたTシャツ着てる人見かけるんですが、アルファベット変換表を覚えている物好きが近くにいると名前即バレなんでご注意ください。いや、意外といるんですよヒエログリフ齧ったことのある人。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

エジプト人「穴掘ってたらなんか神殿でてきたwww」→バレて逮捕 ―アビドス 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる