現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀元前のペルーの遺跡/カラル、ベンタロン

<<   作成日時 : 2014/03/01 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

NHKオンデマで見つけたので視聴。2011年の番組。
この番組で扱われている遺跡は知らなかったので、とりあえずメモを兼ねて。

画像


こちらカラル遺跡。石造りの遺跡。
紀元前3千年くらいから人が住んでいたとか。

画像


石造りといってもマチュピチュのような高山の遺跡とは違い、半ば泥も混じりつつな感じ。

遺跡の中にはピラミッド型の神殿を中心とした、大通りや宗教施設などを備えた「ひとつの町」として形成されていたよう。そのあたりはパチャカマ遺跡ワカ・プクヤーナと一緒かな。ペルーの沿岸部の遺跡は、材質は違えど遺跡の構造はどこも似ている。

画像


空からの模様は、周囲が畑なこともありパチャカマとそっくり。
近くに海がないのだけが違うか…。

画像


この町にはだいたい3000人くらい暮らしていたという。そのうち何人が神殿などを建造する労働者として駆り出されていたのかが気になるところ。

王や神官などの支配者層(非生産層)の割合を2%と仮定すると、非生産層は60人。現代の新興国の人口比率から残りのうち、労働に従事できる年齢層(10歳〜60歳)を男女ともに60%と仮定して、1764人。この土地での食糧生産効率が一人あたり2.5人分だったとすると、1200人で食料生産すれば3000人分のご飯を作れるので、MAXで残り564人は食糧生産以外の労働に従事できる。

ただし食料生産効率が1.5くらいだった場合は、1764人全員でフルに食料生産しても全人口をまかなうことが出来ず、神殿とか作ってるヒマはねぇ、という計算になる。

乳幼児と高齢者の割合がもうちょっと低かったとしても、食料生産効率がそこそこ良くないとキツそうだなー。

----------------------------
[>以前のエントリ

インカの人たちが昔なにを食っていたのかを少しマジメに調べてみた。
http://55096962.at.webry.info/201205/article_5.html
----------------------------

紀元前3000年の平野部だと、トウモロコシは既に安定生産に入っている。あとカボチャとマメとトウガラシもある。
意外とイモの農作物化と伝播が遅くて、この時代の低地だとまだ高地からイモ栽培が降りてきていないんじゃないかと思う。パチャカマのように、案外、海産物などの狩猟資源への依存が大きかったかもしれない。


石で作られた建物の壁面。地震の多いペルーに作られているので、崩れないように石の大きさをまばらにして、間にスキマをもうけているらしい。

画像


内部には耐震構造も。
石を網でくるんで崩れないようにしているらしい。これで本当に地震に耐えられたのだろうか。。。、

画像



あとこの遺跡、「南米文化の起源だ」とかアナウンス流れてたけど、いやいや、それ違うよね、起源とか言うならせめてクローヴィス人あたりからだよね。南米って一万五千年くらい前から人住んでんのに、たかだか五千年前の遺跡で「起源」とか言うのは違うだろうよと内心ツッコミ。南米最古の遺跡でもないしコレ。

番組の中でペルーの考古学者が興奮気味にこの遺跡のことを褒め称えていたのは、「ペルーで紀元前の遺跡が見つかった」ってことがデカかったんじゃないのか。南米の文明でどこが一番かで隣国と争ってるんだよペルー周辺。インカの首都があったのはペルーだけど、インカ族の元々の出身地はボリビアが有力だったりするからね。イモを最初に栽培したのがどこの国かとかで争ってたのも見たよ…。

なんとなく、インタビューして現地の人に言われたことそのまま番組にしました臭が漂ってきて、ちょっとアレな感じ。ちなみにインタビューに答えている博士の服装は、場面が違っていても全部同じでした(笑) おま、一日で全部撮影したのかよ、それはちょっと手ェ抜きすぎだろと十万回。どんだけ取材費カツカツだったんだ。




と、いろいろツッコミどころもありつつ、次に出てきたのがほぼ同時代の遺跡ベンタロン。

画像


位置関係はこうなっている。

画像


こちらは泥で作られた遺跡で、泥をぺたぺたした壁のような構造物もあったり。

画像


広間のような場所。壁には壁画が描かれている。
これサラっと流されていたけど、壁画の内容や町の構造で、都市の性質が多分違うよね・・・? すんでいた人たちは同じ民族ではないんじゃないの? マヤ方式で別々の部族の人が都市国家を築いていたようにしか見えなかったんだが、そのへんは相当アッサリ流された。途中に入るエジプトとの比較映像とかホントいらない(笑) もっとツッコむべき大事なところがあるんじゃないかとか。

画像




*********************

で、まあ、面白かった…といえば面白かったのだが、途中いくつか全力でツッコみたいポイントがあり。


●いまだに四大文明とか言ってる

画像


そろそろ、もう、この古い考え方やめにしないかな・・・。間違った言い方なのは今更言うまでもないよね・・・。
自分が子供の頃はこうやって教わったけどさ、もっと古い文明も沢山見つかってる今となっては、数十年前レベルの知識だよこれ。

・かつては大規模な遺跡がある文明しかカウントしていなかったのと、でかいのが四つくらいしか知られていなかったのでこういう言い方になっているが、今は同時並行で世界に多数の古い文明が存在したことが知られている

・そもそも「文明」の定義がはっきりしないので文明の数を正確にカウントすることは不可能だったりする

・それでも仮定義で文明をカウントしようとすると、四つどころではない、現在確認されている中でも二十は越える


・四大文明とか言ってるのは日本含む極東の一部だけ、もともとこの言葉を使い出した理由が「黄河文明はエジプトやメソポタミアやインドに比類する!」って中国ageのためだったから

・ヨーロッパでは文明の第一といえばまずギリシャ、ローマなのでそれをカウントしてない時点でお察し

・四大文明という発想自体が誤りなのに、南米アンデス文明を「第五の文明」とか言っちゃうおかしさ

・あと四大文明って言いながら背景に使いまわしのピラミッド映像流すのやめてほしい、いい加減それウンザリだ。

文明の発達に大河なんて必要ないってのも今は常識。2011年製作の新しいめの番組の冒頭でこんなの流されるのは、さすがにちょっといただけない。監修仕事しろ。


●タイトルシーンで「カラルは歌と祈りに満ちた平和な社会」と言ってるのにイケニエ

遺跡から発掘された人骨は頭蓋骨が砕けており、腕を縛られた状態でした…(´・ω・`)
おま。それ全然へいわちゃう。イケニエの儀式が行われていたってことは、日常的に仲間内で殺人を行っていたってことだよ。合法殺人だよ合法殺人。戦争による殺人がなかった! とか言ってわざわざエジプトやメソポタミアを引き合いに出しといてオカシイと思わなかったのか。少なくともエジプト人は同胞を定期的に惨殺したりはしませんでしたが(笑)

画像


武器が無かったから戦争していないっていうのも違うよね。鈍器しかなくてもインカの時代には戦争しまくっていたよね。ほんと意味分からない。あと戦争が悪って発想もいい加減やめようぜ。ご近所にある日突然、言葉通じない文化もまったく違う、食うに困った難民の群れが出現して襲ってきたら戦うしか選択肢はないよね? 民族大移動のヨーロッパの話だけど。

古代の南米は、たまたま人口密度が低くて、たまたま場所的に遠くから未知の民族がやってくることが無かったから、生存のための戦争が必要とされる時代が来るのが遅かっただけだよ。文明として戦争を拒絶していたわけではになく、する必要がない恵まれた環境にあっただけなんじゃん。で、スペインがやってきてまさにその「生存のための戦争」が必要になった時代には、太刀打ちできんかったってだけ。


●カラルの放棄された理由に納得いかない

気候変動で遺跡が泥被ったとか言ってるけど、いやいや、それ一回だけで放棄はされんでしょうよと。
メソポタミアの遺跡なんて、何度も川が大氾濫起こして近隣の都市もろとも泥に埋もれてるけど再建されてる痕跡あるよ。

---------------
古代エジプトに「洪水」は無く、メソポタミアに「洪水」はあった 
http://55096962.at.webry.info/200905/article_29.html
---------------

単に気候変動だけが原因じゃなくて、既に都市機能が失われつつあったところに気候変動でも打撃を受けて、再建する余力がないまま放棄されたとかではないのかな。大規模な都市が放棄されるときって、たいていその都市が斜陽気味なときなんだよね。絶頂期にあれば多少のダメージを受けても再建はされる。そして絶頂期にある都市を一撃で再起不能に出来るポンペイのような大規模災害は、滅多に起こらない。

たぶん都市が放棄された本当の理由はまだ研究中ではっきりしていないのだと思うが、だったら安易に気候のせいと結論付けるのはどうかと思う。もし本当に気候変動が原因なら近隣の都市が同時期に放棄されていないとおかしいし、都市を捨てた人々はどこへ移住したのかという問題も出てくる。気候なら地質学や気象学からのアプローチも出来るので、もうちょいウラ取ったほうがいいんじゃないかな…。

番組内で放送された内容だけでは、とてもそんな単純な理由だけで3000人規模の都市が放棄されたとは思えない。

*********************

全般的に、 外注さんがお仕事でなんとなく作った番組 という感じが否めない。

言われたとおりの時間を遺跡の解説で埋められればいいや、とばかり前後考えずにブツぎりにした映像を放り込んでなんとなく音楽でムードつけただけな雰囲気。ナレーションの文章もあまり知識がない人が書いたなコレ、っていうのが透けて見えて、「うーん」と。ハイビジョンなので確かに絵は綺麗なのだが、内容がなー。有料番組として見るのはキツい…。

尺稼ぎなのか、途中でまったく関係ない風景(山)が説明もなにもなしに1コマだけ出てきたりも…。で、この山のシーンはいったい何だったんですか(笑)

画像


もうちょっと内容的に頑張ってほしかった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

紀元前のペルーの遺跡/カラル、ベンタロン 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる