現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS 将国のアルタイル(13巻) 海の都の元首がいい笑顔すぎて

<<   作成日時 : 2014/02/01 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


いやほんとイイ笑顔だよ、アノテさん(ルチオさん)…。
敵ボスと内々で手ぇ打ってたの、味方の総船団長にも知らせてなかったのかよ。流石すぎる。

そしてこのイイ笑顔で握手のあとのライヴァル国家元首への死亡宣告である。
権力のために味方も売るドーリアさんは外国に祖国を売ったジェノヴァ貴族まんまやで。


戦争の展開の仕方がちょっと雑な感じになってきた気がするのが気になるが、少女マンガでガレー船同士のアツい戦いを見ることになるとは思わなかったのでこれはこれでヨシ。「ガレー同士の戦いはラムで船腹を刺したほうが勝ち」「これでは我らの腹は刺せまい」あたりの流れが好き。でも旗艦の目立つとこに元首が堂々と立つのはやめたほうがいいと思う。流矢に当たりますよ…。





将国のアルタイル(13) (シリウスコミックス)
講談社
2013-10-09
カトウ コトノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 将国のアルタイル(13) (シリウスコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

将国のアルタイル(13巻) 海の都の元首がいい笑顔すぎて 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる