現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS マイティ・ソーの続編で、ロキさんが仲間になるらしいのでハアハアしている

<<   作成日時 : 2013/12/30 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あのマイティ・ソーがかえってくる。
前作を見た時は、「これ狙いの客層がコアすぎて続編ムリだろ」と思ったものですが、アメリカではウケているのか。まさかの続編が出たようですよ。

アベンジャーズは…ぶっちゃけxxxさんとxxxさんが嫌いなので見ませんでしたが… だってカッコ悪いんだもん

トールさんとロキさんの共闘が見られるなら、この映画は見に行くっス。 ※ピンク色なのは目の錯覚

公式トレイラー
http://www.youtube.com/watch?v=5au0eAxyj1k

ロキさん見ただけでニヤニヤしてたりしませんよ?
ロキさんとトールさんの友情っぽいものがチラ見えして涎垂らしたりしてませんよ?
「信用できないけど、お前が一番便りになる」的な、そんなトールさんの焦れっぷりと、何もかもわかってて焦らしてみたりしちゃうロキさんの小賢しさにうっとりしてたりしませんよ?

一回裏切ってみんなに迷惑かけて捕縛されたのに、今回さらなる強敵が現れたのでやっぱり力を借りたい、って捕縛解かれるっていうのは、北欧神話でいうとラグナロク前にロキの捕縛を解くのと同じ意味でしてですね。

そもそも、アスガルドの神々の持ってる武器の大半はロキさんがもたらしたもの(トールのハンマーは違う)なわけで、ちょいちょい裏切るけど味方についてくれてるときはメッチャ優秀で便りになる神様なんですね。ラグナロクで神々が負けるのも、ぶっちゃけロキさんが敵に回ってたからで。ロキとその息子・娘たちが敵に周りさえしなければ、オーディンやトールといった主戦力は死なずに済んで、戦況が変わっていたはず。まぁフレイはどのみち死んでましたけど。

いわば映画の設定は、神話に反して「ロキさんが味方についたラグナロク」なわけで、これはこれで北欧神話ファンにもアリな内容なのではないかと! ていうか細かいウンチクは抜きにしてロキxトールを愛でろと! (結局そこかよ)



いやーやっぱこの二人いいわー。
アメコミの絵見た時は「これwww北欧神話www ネーヨwww」って思ったけど、さすがアメリカ映画、トールハンマのアクションは凄いカッコいいのよね。で、ロキさんの知的ドSな雰囲気がたまらん。

ニューヨークで戦ってたりして、もはや北欧ぜんぜん関係ないけど、(まあ日本の戦隊物も、なぜか世の中の巨悪は東京ばっかり狙ってきますしね…)あと未だにヒロインのジェーンが好きじゃないですけど、だんだんトールさんの赤マントに違和感がなくなってきた自分が怖いぜ。むしろヴァイキングが赤マントでもいい気がしてきた。


#アメコミエジプトヒーローの「ブルービートル」とかも映画化してくれていいんじゃよ?
#スカラベの力で変身する青タイツ男も、たぶん今なら愛せる…と思う…。


##いややっぱムリかも。(`;ω;´)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

マイティ・ソーの続編で、ロキさんが仲間になるらしいのでハアハアしている 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる