現在位置を確認します。

アクセスカウンタ

zoom RSS マンドルで見た石積みの意味。神に捧げる石の塔

<<   作成日時 : 2013/09/08 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

マチュピチュのふもとにあるマンドルの滝を見に行ったときに、滝の近くで謎の石積みを見たということを書いた。
http://55096962.at.webry.info/201308/article_16.html

これね…


画像





賽の河原にしか見えねえ、とか書いてたんだけど、どうやら南米には「サイワ(sayhua)」という石積みの習慣があるらしい。
サイはサイでもサイ違い!

サイワはケチュア語で「柱」「道標」を意味する言葉で、インカ時代から峠などで人々によって築かれてきたものらしい。
カニョン・デ・コルカという峡谷には、いまも村人が信仰するアパチェータという神に捧げられた石積みがあるという。

ソース↓この本
カラー版 インカ帝国―大街道を行く (中公新書)
中央公論新社
高野 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カラー版 インカ帝国―大街道を行く (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


観光客がマネして積んだのもあるらしいけど、石積みの塔が林立するさまは、まさに滝の近くで見たアレ。
南米にもそういう風習があるとは思ってなかったんで、イタズラか何かだと思い込んでたよ。調べてみるもんだ…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

マンドルで見た石積みの意味。神に捧げる石の塔 現在位置を確認します。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる